TOP大型犬シニア生活 ≫ シニアになると昨年とは違う、ワクチンその後…

シニアになると昨年とは違う、ワクチンその後…

今年の3月に毎年受けている混合ワクチン。
今まで、ワクチン後何ともなく過ごせるエルで
したが、3日程何となくだるそうな感じがあり
ました。



そして、その後は狂犬病予防接種の時期。

狂犬病予防接種に関しては、法的に義務がある
ので毎年ハガキでのお知らせが届きます。

3月のエルの体調が思わしくない事などもあっ
て、指定日の予防接種は避けていましたが、
最近は落ち着いたのでかかりつけの病院で
狂犬病予防接種を受ける事に!



今年に関しては、何となく不安もあったので、
3月のワクチン後の体調について話をしました。

すると、「集団予防接種ではしてない事なんや
けど、病院だからこそ出来る事…」と、症状を
和らげる注射をしてくれたのです。


病院ではテンション上がるエルですが、念のた
め今後免除の事も可能か?と聞いたところ
「体調もあるし、相談してくれれば大丈夫ですよ~」と…。



病院ではテンション上がり、写真は撮れず…
はしゃぎ疲れ、狂犬病ワクチン後、自宅でマッ
タリするエルです。





晩ごはんも食べたいアピールのエル。




食べた後は、マッタリお休みをしてました…。



そして、本格的に寝る時はいつも2階までやっ
てくるエル。


この日は夜中から夜勤のあたし。
いつも通りのエルを見て、安心して仕事ヘ…




しかし、ワクチン翌日の朝、仕事から帰ると
相方いわく


·夜は1階で寝ていた!
·しかも、あっちこっちに吐いていたと…



見た目も表情が違うエルを見て、

シニアになると、今までとは違うんや…

と、思い知らされました…



相方は「小さかった時に受けた狂犬病予防接
種の時は、ありえないくらいグッタリしてた。
だから、今までよく落ち着いていたな~と逆
に驚いていた…。何とか耐えれていたけれど、
それだけ強い薬やから歳とると、小さい時み
たいに負担がくるんじゃないかなぁ…」と。




その日の体調にもよるんやと思うけど、症状
を抑える薬を注射してもこれやから…と、改め
てシニアの体調管理の難しさを思い知ったワ
クチン事件でした。


ごはんアピールがあったのですが、念のため朝
ごはんは休み。
嘔吐がないのを確認後、昼にヨーグルトや水分
補給をしたら、満たされて寝ました。
ラブは、ホンマに食いしん坊ですね(笑)



エル地方は梅雨に入るとまた寒くなる為、まだファンヒーターを片付けられません…

Comment













非公開コメントにする