TOPつぶやき ≫ わんこを迎える時、どれくらいの人が犬種を理解して迎えているんやろう?

わんこを迎える時、どれくらいの人が犬種を理解して迎えているんやろう?

周りにわんこと暮らしている人からの話で


「こんなに大きくなるとは思っていなかった」

「うちの仔、吠えてばかりで…」


という話を聞く事があります。




わんこを迎える時、いったいどれくらいの人が
犬種の特性を理解しているんやろうか?


昔は役割を求められていたけれど、今は家族
という意識が強く、可愛いだけで迎えている
んかな…?






ラブラドールは頭がいいが故に、悪さもやら
かしてくれます。

レトリーブしたり、わざと悪いことして気を
引こうとしたり…

何かやらかしても、ついつい「しゃーないな」
と笑顔にさせてくれる…

人が大好きで、テンション高く、存在感があ
って楽しい仔です。

普段ほとんど吠えないので、家の中で行方不明
にもなります(その仔によるのかな?)




多くの犬種は人が作為的につくった…というが
あるので、このような犬種を理解すると我が仔
が「なぜ、そうするのか?」納得できるかも。



晩ごはんのあと、満足したら窓際チェックの
エル。

頭隠して、尻隠さず状態(笑)





外を見ながら、うたた寝してる?





そうかと思ったら、「ヴー!」と唸るエル。




外に何かいるのか?と思ったけど、ただ若者が
通り過ぎただけでした。


一応、番犬してくれているんやろうね。
Comments (0) Trackbacks (-) | つぶやき

Comment













非公開コメントにする