FC2ブログ
TOPつぶやき ≫ 「何となく嫌やなぁ~」と思った感覚は、まんざら嘘じゃなく自分を信じていいと思った話

「何となく嫌やなぁ~」と思った感覚は、まんざら嘘じゃなく自分を信じていいと思った話

Facebookで知り合ったある活動家さん。


素晴らしい活用をされていて、「すごいな~」
といつも思っていました。



そんな方と先日ありがたい事にメッセンジャー
でお話する機会を得られました。
(実際、話す日まで期間は数日空きました)


にもかかわらず、あたしが思った正直な感覚。

嬉しいというより

「何となく、面倒くさい…」

「何かよくわからないけど…」



何とも言えない感覚でした(^_^;)




微妙な感覚。アポの時点から始まり、
「あなたの都合いい日に連絡する」と都合を聞
いてくる割には


・おおまかな電話する時間の打ち合わせが
 ない!
・仕事は日中で、夜なら電話できるだろうと
 思い込みを持っている様子…


 →これは、相手を気遣い過ぎて、言わなかっ
 たあたしが悪いのもありますが…




そして、実際話すと、

・初めて話す割には、馴れ馴れしい言葉使
 いが見えた

・地方にその方を呼んで会うには、
 「簡単なことじゃない!」と自分で言って
 る…

 →「自分はすごい人」って自画自賛してる…


・あたしの事を知らないのに、初めて話すのに
 勝手にダメ出しが始まる…






あと、確認はしておらず確かではないけど、
何か食べていて酒を飲みながら話していたんで
はないかな~という感じもありました…。




せっかく、いい活動しておられるのに

メッセージや電話のやり取りで、人というものが出るって言うのがわかってないんちゃうか?


親しみがあるのと、馴れ馴れしい意味をはき違えているんちゃう?


ええ年してるのに、自信だけあるのか残念な人やな~



と思わずにいられませんでした。


ちょっとした事で、信用って簡単になくなるの
かもしれませんね…。




実際、その方と関わっている人はそう思わない
やろうけど、

「人の性格や振る舞いは、そう簡単に変わらない!」

と自分自身においても思っているので、その方
とのやり取りはやめました(笑)




自分の思う正直な感覚。

何か引っかかるものがあってやから、信じていいもの

人に合わせすぎず、自分の許せるラインを引く
事で人の時間に振り回される事がない!


もっと自分を大事にしていいんやなぁ~という有り難い学びを得られました♪








Comments (0) Trackbacks (-) | つぶやき

Comment













非公開コメントにする