TOPつぶやき ≫ 減塩食について思うこと

減塩食について思うこと

昨年の9月終わりから減塩食にして、はや10か月。

医療者側の立場から、患者の家族という立場を

経験して色々気がつきました。

簡単に減塩してね~って言ってたけど、難しい

ね。退院した人達は、ちゃんと管理できてるん

やろうか?

経験した人じゃないとわからんよね~。

まず、良かったこととして

1.相方は10kg、あたしは4kgをゆっくりなペースで

 減量出来ました。

2.適正な体重を体でわかるようになった。

 食べ過ぎると調子が狂い、回復まで2日程かかる

 腹八分目の意味が身体を通してわかった。

3.今まで野菜を食べてるようで、食べてなかったと

 いうことに気づいた

ちょっと大変なことは…

1.塩分が気になり、料理番組の内容を見ても

 実践できない

2.目分量が出来ず、いちいち調味料の量を図らなく

 てはいけない

3.外食後は次の食事の塩分調節が必要

4.塩分とれない反動でスイーツに走り、危うく

 糖尿病の危機に陥る

糖尿病疑惑は、相方が「このままじゃヤバい」と

気を付けた結果、HbA1cが7から5に下がりました(汗)

制限だらけなので、いつも相方と

「スーパーもお店も全部減塩食に

なればいいのに!

選ぶ手間省けて、生活習慣病も

減って、医療費の削減につながる

んちゃう?」

「料理番組も減塩バージョンで

紹介してくれればいいのに」

と負け惜しみのようにつぶやいてます(笑)

まあ、今ではだいぶ減塩に慣れましたけどね。

でも、ありがたいことにクックパッドで治療食

バージョンの「おいしい健康」っていうやつで

レシピを紹介してくれています。

いろんなバージョンがあって、こってりものも

減塩バージョンで紹介してくれてます。

ちなみに今日のうちのおかずは、サバ大根です。

サバ缶と大根で1食あたりの塩分は0,8gになります。

減塩は大変やけど、食べた後は「内臓に優しいな」

って思います。

以上、うちの場合の塩分食に対するつぶやきでした!

エルちゃんの塩分はどれくらいがええんやろ?

Comments (0) Trackbacks (-) | つぶやき

Comment













非公開コメントにする