TOPあたしのこと ≫ 犬は飼い主を選べない

犬は飼い主を選べない

エルちゃんとの初めの頃のつきあい方は、今思えば

自分勝手でヘタすりゃ、ネグレストに近いね…。

ラブ好きな方々に対して、お恥ずかしい話です。

それでもわんこは飼い主を選べないので、他と比べる

こともなく今そこに居る飼い主が一番!と思ってくれ

る。早くから母親や兄弟と離されて、辛いやろうに…。

エルちゃんはこんなあたしに対してホント心が広く、

無償の愛情っていうのを教えてくれて、凄い仔です。

エルちゃんとの時間を大事にし始めてからもラブと

暮らす方のブログは色々参考にさせてもらっていて

その中でも、夫婦2人とラブとの3人暮らしをされて

いる方が居ましてして、大事にしているな~と微笑

ましく、いつも思っていました。

しかし、ある日そのラブちゃんは病気になってしまい、

エルよりも若くで亡くなってしまったのです。

その方が言っていたのが、「毎日、抱きしめてあげれ

ば良かった」「毎日、大好きだよって言ってあげれ

ば良かった」と。

そこで、初めてエルとの時間は有限ではないことに

気がついたのです。

日頃、人の生死に関わっている仕事をしてるくせに、

不思議と自分のことはこのまま毎日過ごせると都合

よく人は思ってしまうんですね。

なので、今では無駄にした時間を取り戻すような

気持ちと後悔しないようにエルと向き合っています。

毎日、怪しく思われるくらいエルに話かけてますよ~

こんなこと書かなくてもいいんでしょうけど、改めて

振り返ることで初心に返ろうと思いました。

今は「高齢者の健康のために」

「子どもの教育のために」という理由で、ペットを

迎える方もいます。

しかし、ラブは賢いがゆえに手がつけられず手放され

る方がいたり、テレビで見てかわいいだけで迎えて

犬に対する知識も乏しいがゆえに可哀想な結果を

招いている現実があります。

人の考えも様々ですが、エルに色々教えてもらった

身としては、「犬に恩返し」がしたい!という思いが

あります。

犬は飼い主を選べない。人よりも短い犬生。

愛情をもらうばかりではなく、犬も人もお互い幸せに

なれる世の中になってほしいものです。

今じゃ、ふてぶてしくなってるエルちゃん。

最近、貫禄出てきてます。

Comment













非公開コメントにする