TOPホスピタル(エルちゃんの) ≫ ラッパ生活(白内障術後)

ラッパ生活(白内障術後)

ラブラドールの白内障のブログは少なく、覚え書きということで今日は書いていきます。
もしかしたら、他の方にも役立つかもしれないので…。


手術後はラッパ(エリカラ)生活は予想していたので、術前からおトイレスペースをアレンジし、徐々に慣らすことから始めていました。

手術前のハウスです。


枠を取ったハウスの状態です。
ラッパがない状態から、慣れていただきました。

ラッパ装着中でもトイレの行き来が自由自在になるように。
ぶつかりそうな所はクッションを着けました。



術後は4~5日ということで、5/11に入院して、5/15に予定通り退院しました。
エリカラを嫌がるのを心配していましたが、それよりも大変なことが…。


目薬の数の多さで忙しいのと、術後プレドニンを1日6錠内服するもんで、水を飲む量とオシッコの頻度が半端なかったのです。
オシッコマットはあっという間に駄目になるので中のシートは3~4枚入れ、下にも漏れた時用に敷き詰めました。


術後は1週間ごと診察に通院で、初回は5/18。
その際は車に飛び乗ってからお見せできないような目の状態になってしまい、初め「眼圧が上がったか?」「レンズがズレたか?」とビビりながらの通院となってしまいました。
診察の結果「炎症が強く、フィブリンが目に網状になっている」ということで、しばし預けてステロイド点滴と目にフィブリン溶解の注射をしてもらうはめに…。
先生に確認したところ、内服がちゃんとできていないか、目薬が少ないか。もしくは大型犬なので動きも大きいので、ぶつけるためか…ということでした。
散歩もあえてしてませんでした。
この日の車の乗り降りは、普段しない抱っこをしましたが、まあ軽いこと!
あまりの軽さにショックで、手術をしたのは果たしてよかったのか?正直後悔も…。

待ってる間、もしかしたら目薬の手技が悪いのか?と考え、思いきって処置後に先生から改めて目薬の手技の指導を希望しました。

帰ってから、相方にも手技を伝授です。

ぶつかり防止に柱もこんな状態。


術後はお疲れモードで、寝てること多かったですね。
散歩もお預けで、基本「安静で」ということで、筋肉も落ちたような感じです。
でも、ステロイド内服中なので、食欲は旺盛です。
そのままあげると逆に足に負担くるので、訴えにも負けないようにするのが、つらかったね~。


横から見ると、ラッパやね。



安静と内服・目薬を確実にを心がけためか、2回目の診察(5/23)はフィブリンは認めず眼圧は左右差なく11で経過良好ですという結果に♪
ステロイドも減量です。

くつろぎモードも見られるようにもなりました。


3回目の診察は5/29でした。眼圧右目18、左目は12で正常範囲内です。
炎症もほとんど見られず、順調ですと!
目薬もちゃんとさせて協力的な仔だからね~とお褒めの言葉もいただきました♪



体重は普段30㎏ですが、今回27㎏まで痩せました。先生に確認したところ、術後はステロイドの副作用でよくあることで、減少具合もこんなもんですという話でした。
フィラリアの薬も、ラッパがとれるまで…半月ずらしても問題ないということで、今年は普段より遅らして内服の方向です。
まずは白内障の治療を優先にということらしい。


次は6/8が診察日で、手術から約1か月になります。
経過が問題なければ、ラッパ生活から解放予定ですといううれしい予告を受けました♪

もう少しの辛抱やで~
ラッパ取れれば、散歩も解禁予定です。
ラッパ生活も、とうとうカウントダウンや♪




Comment

はじめまして!
編集
ミルダン空さんへ

はじめまして!
コメントありがとうございます。

ラブ3頭と暮らしているのは、うらやましいかぎりです^^
ミルダン空さんが、白内障になったんですか・・・。
いまどきは20代でもなるらしく、油断できないですね。

確かに白内障は手術でしか治せないらしいですが、レンズを変えたとしても
奥の網膜(?)がダメになっていると、手術は意味ないといわれました。
海外で目薬で白内障が治るといわれたものがあったようですが、実際の効果
は・・・らしいです。
薬局の人の話も、もっともなんですね。
ただ、抗酸化物質の入ったサプリや食べ物は効果ありということも聞きましたよ。
食事に野菜や果物を意識して摂るようにしています(笑)


動物医薬の場合多少の副作用などがあっても認可されるのは初めて知りました!
実際、今うちの仔につかってる目薬は、人と一緒です。
ドイツではいろいろ進んでいますよね~
今回は眼科専門医にかかりました。というのも、かかりつけから「眼科専門は
県内にないので、県外になる・・・」といわれました。
日本の場合獣医さんもさまざま、専門外の治療もするけれども正直に言って
くれるだけありがたいもんです。

ミルダン空さんの白内障、進行が少しでも遅く生活に支障なくラブちゃん達と
楽しく過ごせますように・・・。
2015年06月11日(Thu) 18:29
白内障
編集
初めてコメントさせていただきます、
ミルダンファミリーの管理人ミルダン空ともうします。
ラブ3頭飼っていますが白内障になったのはオイラ自身です。
白内障は手術でしか治せないらしく点眼薬も
大きく分けて2種類しかないと言われました。
薬局の人も現在は白内障を治す薬は無いと言っていました。
だけどワンコの白内障の薬は点眼だけでなく飲み薬もあるんですね。
きっと、動物医薬の場合多少の副作用などがあっても認可されるからかも、
などと思うのですが動物で効果が確認できるようになれば
人間の白内障治療にも大いに役立ってくるのでしょうね。
しかし、ドイツでは獣医さんも眼科だったり歯科だったり
専門獣医になっているそうですが日本の場合獣医さんもさまざま、
専門外の治療もするわけだからちょっと怖いですよね。

乱文長文失礼しました。
2015年06月10日(Wed) 16:04
おかげさまで^^
編集
ムサシpapaさんへ

一時はどうなるかと思いましたが、術後は順調に経過しています。
あたし的には目薬の手技が不十分だったと反省しています。
食いしん坊ラブなので、飲み薬も食べ物と一緒であれば飲んで
くれますし(笑)

エリカラ生活や通院も嫌がることなく、それなりに過ごしてくれて
るのが助かります。思ってる以上にワンコは適応するのかもしれませんね。

ハウスは今までの柵を外して入り口は開放的にしたんですよ。
今までの状態だと、ラッパが入り口にひっかかるので・・・。

今回、手術を受けるにあたって色々調べましたが、経験談の情報は
本当に少なかったので不安は大きかったです。
そんな経験から少しでもお役にたてれば・・・と思い書いてみました。


昨日受診し、ラッパは留守中や就寝時のみ装着でいいでしょうと言われ
ましたが、最近は元気すぎてゴロスリの可能性あるのでラッパは恐ろしく
て外してないんです(笑)

もう一息頑張ってもらいます!


いつもコメントありがとうございます♪
2015年06月09日(Tue) 13:51
順調ですね。(^_^)
編集
こんにちは。
エルちゃん、頑張ってますね。
術後の経過も良さそうで安心しました。(^^)

りっぱなハウスを作られて、エルちゃんも安心して
過ごせますね。

ワンちゃんの白内障の手術についての情報が少ないですから
大変参考になります。
詳しい経過報告ありがとうございます。

エルちゃん、もう少しの辛抱ですよ。
頑張るんやで~(^o^)


2015年06月07日(Sun) 18:34












非公開コメントにする