FC2ブログ
TOPペットロス(エルロス) ≫ 悲しみが癒える事が寂しいなぁと思ったけども、色んな気づきがあった話

悲しみが癒える事が寂しいなぁと思ったけども、色んな気づきがあった話

エル姉さんが旅立ってから、毎日のように泣い
ていた日々。

旅立ちから1ヶ月経った頃には、何となく少し
ずつ悲しみが癒えてきたかな?

と良い傾向に思えるようになったものの、逆に
そんな変化が寂しいなぁ…という思いが出てき
て、寂しさを引きずる日々。

しかし、ある時からある気づきにより、少し前
向きに思えるようになってきました。




旅立ちから、1週間ずつ経過するごとにひと区
切りする出来事があり、気持ちが少しずつ落ち
着いてきました。

1ヶ月経つと泣くことが減って、病気がわかっ
てからの事ではなく、エル姉さんとの楽しかっ
た思い出を相方と話せるように…


そして、エル姉さんがうちらのそばに居ない生
活が当たり前になってきたのです。


色んな方から暖かいコメントをいただいたり、
感情を抑え込まず過ごしてきたから引きずる事
はなく、ペットロスの経過がうまく進んでいる
んかな~と思えた矢先…


・エル姉さんと一緒に過ごしてきた事は夢やっ
 たんかな?

・あんなに大好きだったエル姉さんを、あたし
 はもう忘れてしまってるんちゃうか?

・人は忘れるものやけど、エル姉さんを忘れて
 しまうのが怖い…

・こんな事なら、毎日泣いてたペットロスのま
 んまの方がいい…

・悲しみが癒えるのはええけども、寂しいもん
 なんやな…


という事がよぎるようになりました。



そんな中でも、


「こう思う時点で、まだまだエルロスなんやろ
 うな…」

「人の見送りまでは仕事でしてるけど、病院を
 去った後も家族はこういう寂しさを引きずっ
 て過ごしていくんやなぁ…」

「ペットロスや家族を失った人のケアって、
 まだまだおろそか。これからはもっと大事に
 していかなあかんのちゃうかな?」


という気づきもありました。




色んな思いを揺れ動く日々を過していましたが
気持ちの切り替えの為、天気のいい日は朝のひ
とり散歩を再開。

ひとりやのに、不思議とエル姉さんと一緒に散
歩してるんちゃうか?

という感覚を感じます…


そうすると、一緒に楽しく散歩した事や出かけ
た事、日々笑っていた事がたくさん思い出すん
です。


そして、いつの間にか…


「エル姉さんとは、約10年一緒に過ごしてきた
 歴史がある…。病気がわかってから旅立ちま
 での日々や悲しさにフォーカスしがちやけど
 エル姉さんとの歴史の中のほんの一部。
 悲しさよりも、楽しかった事の方が、いっぱ
 い思い出あるやん!」


と思えて、悲しさが飛んで行きました!




考え方一つで生き方っていうのは変われるん
やろうけど、実際はなかなか…

でも、今回の気づきは、ある意味エル姉さんの
図らいもあるのかもしれません。

きっと「まだ、あんたネガティブなってんの?
世話焼ける飼い主やなぁ…」ってエル姉さんは
思っての今回の気づきなのかも(笑)




大事な家族を病気で見送った後は悲しいけれど
も、一緒に過ごしてきた歴史から考えるとその
時はほんの一部。

辛いけど、ほんの少し楽しかった日々を思い出
してください…

悲しみ以上にたくさん笑顔で過ごした宝物の日
々があり、その思い出が気持ちを暖かく包んで
くれます。

そして、その時は我が仔がそばにいてくれて
るんじゃないかと思いますので、ひとりで苦し
まないでくださいね…



あたしの腕に乗っかかるエル姉さん。
懐かしい思い出です。






Comments (-)Trackbacks (-) | ペットロス(エルロス)