FC2ブログ
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年01月

ペットのマヤ歴診断で、ペットとの関係性を知る

Facebookで繋がらせてもらった「ここはる」
さんに、エルと相方とあたしの3人の関係性の
マヤ歴診断を受けました。







占い的なのは「怪しい…」と思ってしまいがち
なあたしなのですが、日頃ここはるさんのブロ
グを読ませてもらって、この方のわんこに対す
る思いに共感できた事。

「この方なら、ちゃんとみてくれそう」と思え
たのです。




遠方なので「無理かな~」と思っていました
が、メールで診断していただけるという事で思
いきってお願いする事に…。



エルちゃんは

こだわりが強く、強制されるのがイヤ。理解力に優れています。まっすぐな子。まっすぐすぎてストレスが体に出ることも。人に不信感を持つとおかしくなります。何にでも挑戦します。見守ってあげてください。


普段は遠慮がちでのんびりしていますが、実は底力がすごいです。



という診断。



結構、思い当たる事があります。
可愛い顔して、怒らすと怖いからね~




そして嬉しい事に

エルちゃんとあたしは仲良しの関係

らしい(笑)



よく、遊びに誘ってくるもんねえ~






家族それぞれの診断、関係性をメールでして
いただけるので、ゆっくり読めます。


なんといっても、リーズナブルなお値段なので
お試しでも良いかと思います。


わんこと暮らす方で興味あれば→コチラから





今日はちょこっと、近くのゲレンデへお出かけ
のエルちゃん。









脱水症状の確認方法

人の場合の脱水症状の確認方法に、皮膚の張り
具合をみる「ツゴール反応」って言うのがあり
ます。


前腕などの皮膚をつまみ上げて、2秒以内に皮
膚が戻るかをみるものです。




脱水になると張りがなくなり、戻りが遅くなり
ます。


実際、現場では喉の渇きや皮膚の乾燥、頻脈、
元気がなくなる…などの症状がみられます。






わんこにおいても同様に、

つまんだ皮膚の戻り具合で脱水症状の
確認ができる


らしい…。




背中か腰の皮膚を引っ張って離した時の皮膚の戻り具合をみる。

→通常はすぐ戻るが、

 2秒以上かかったり、戻らなければ脱水を
 疑う。





あと、歯茎の色の戻り具合も…

指で歯茎の一部を白くなるまで押して、離した時の色の戻り具合をみる方法

→通常、すぐピンク色に戻るが、時間がかなりかかる場合は脱水を疑う。




その他は人と同様に

食欲が落ちたり、呼吸が速い、グッタリなどの症状が出るらしい…。




ちなみにうちのエルちゃんの場合、熱中症&
脱水疑惑の時は…


・呼吸が速い
・落ち着きない
・オシッコに行くが、出ない


という事がありました。



梅雨や夏場だけでなく、暖房を使う時期も水分
補給は大事ですよ~




水分&ビタミン補給がてら、みかんを食べる相
方に釘付けなエルちゃん。





そして、うたた寝し始めます(笑)


排泄は大事です

雪国散歩は寒いけど、ええ事もあります。




雪で白いがゆえに、

おしっこの色がわかりやすい!







冬場は暖房を使うので、意外と脱水気味になる
事もあるんですよ~




脱水気味の判断の一つに、あたしはエルの
「おしっこの色に注目!」しています。
あとは、自ら水を飲む程度でしょうか?

その他に、皮膚の伸び具合でも判断できるそう
です。





普段、自ら水を飲むのは、まれなエルちゃん。
冬場は、自ら水を飲む事が増えます。
(ただ、病気のせいで水を多く飲む場合もあるの
 で、要観察ですよ~)



なので、散歩中はおしっこの色に注目してます
(笑)




水分補給を心がけているのですがフードの日が
続いた時は、「濃い」

手作り食メインの翌日は、「薄めで、量が多い」


というのがエルちゃんデータです。





基本、排泄は室内もOKにしてるので、室内では
シートも活用。

以前は左の白を使っていたのですが、販売中止
となり、今は右のブルーのを使用中です。




白の時は吸収も多く色がわかりやすかったんや
けどなぁ…。

2泊3日なら大丈夫らしい…

相方が2泊3日の入院で、昨日無事退院しまし
た。


入院中、「病院に行ってくるよ~」とエルに
説明すると、暖まったベッドにちゃんと移動
するエルちゃん。






白内障でエルが入院した時は、4泊5日。

入院中は控え目やったけど、看護師さんが移動
するたびにエルは尻尾振ってたよう。




あたしがおとんの旅立ちで1週間大阪に帰省し
た時は、相方にストーカー状態のエル。




知人の柴犬ちゃん。
ペットホテルに預けた時は「ハゲ」ができた
ことも…。




その仔によって違うやろうけど、エルの場合
2泊3日程度の環境の変化は許容範囲。
それが、1週間になると大問題なんやね。


シニアにとって環境の変化は大問題!
進歩ばかり考えるよりも、この環境を維持出
来る事をエルのためにも大事にしたいもので
すね…。





マッサージされながら、ウトウトするエルち
ゃん。



医療者が、患者さんの家族になってみて気付いた事

一昨年に心筋梗塞になった相方。

8か月後に入れたステントの状態を確認した、
昨年5月。

しかし、別の場所が狭窄してたので、ステント
を入れました。


再び約8か月後の1月。
1/25~1/27入院して、今回確認のカテーテル
です。




カテーテルでは問題なく、予定通り退院出来ま
したが、患者さんの家族を経験して気付いた事
がいくつかあったので書いてみます。



①採血事件

今回、採血をしてもらったのですが、「溶血」
になってしまいました。
(赤血球が破壊される事)


なので、採血し直しになるため、相方に「なぜ
取り直しになるのか?」という説明なしに、
翌日カテーテルする側の右手から「採血し直し
をする」と言ったそうな…。

(あたしが席を外してたので、詳細不明。
 ただ、採血した際はその場にいたので、溶血
 になる原因は予想される事)


白黒はっきりしないことは嫌いな相方。
翌日、右手からカテーテルするのに、「ここ
まで食事を気遣ってきてるのに、右手から採血
し直しで翌日のカテーテルに影響するのじゃな
いか?」

という不安があり、



「事務的に簡単に、取り直しって言うな!先生にちゃんと確認してからにしろ!」

と大激怒したよう…。



その後、あたしが戻った時に事情を相方と共に
聞くと、「原因はわからないけど…」と。


採血現場にいたので、責めるつもりなく考えら
れる要因を正直に相方に説明してもらうつもり


「○○やったから溶血したんじゃないのかな?」

って言ったら、別の看護師が



それはない!って採血した看護

師は言ってたのよ~

原因はわからないんだけど…


って




それを聞いた時、



嘘ついたな…



と思ってしまった。





人間やから完璧にできないこともあるけれど、素人やと思って嘘はアカンね…

何かあれば訴えられかねない世の中やけど、
誠意を持って対応する事は大事。

クレームにおいては、初期対応でその後を左右
すると言われているのにね。

「差し直し」をされる苦痛を考え対応する事
や、今までこうやって大丈夫やからと思って慣
れで対応してはいけないと改めて実感。


世の中、言わない人がほとんどで、言ってくれ
る人はごく一部。


言われると嫌になるけど、言う人はそれ以上に
パワーを使ってるもんです。



言う人だから、気をつけよう!

言わない人は大丈夫!

じゃない…。


どの人にも同じように対応するべきじゃない
かな?。





その後、相方が



「今は昔と違って、患者に

言って聞かせる医療じゃない

時代やのになあ~」




とつぶやいた…。






②雪国において冬場に家族が入院する事は、
 普段以上に負担であること



今回は2泊3日の入院やから「余裕♪」と思っていたけれど、毎日の雪と地吹雪!


ひとりでの除雪や、病院までの雪道運転移動は
意外と疲れるもんです…。


おまけに、

・ひとり居ないことで、家の中がハンパなく
 寒い

・台所の水道管が凍る…

・トイレの水も流れが怪しくなる…



という事件も起こります。


※水道管はファンヒーターでひたすらあったた
 め、破裂せず済みました!



病院では何かあると「家族に連絡を…」って
なるけれど、不用意に何回も足を運ばせるって
言うのはほんまあかんね…。





「医療者の常識は、一般人の

 非常識」



って言うのを、忘れないようにしたいもので
す…




・なんだかんだ言っても無事退院できた事

・家族が入院した立場を経験できて、得られ気
 づきがあった



と言うのは、有り難い事です。






相方が入院中、留守番をしてくれたエルちゃん。帰宅後、遊んだ後はファンヒーターを占領です(笑)
寒かったんやろうね…。





無事にカテーテル終了し、予定通り退院できてまずよかった…
Comments (0) Trackbacks (-) | 医療ネタ

お宝でもあるんかいな?

雪がたくさん積もっているのに、






何かしらのにおいを感じるのか





気になるらしい…。









お宝でもあるんやろか?






ラブラドールの嗅覚が敏感なのは、食べ物だけ
じゃないんやね~

今までの常識が通じないとき、わんこのように受け入れる気持ちを持つ事で楽になった話

エルちゃん地方も大雪です!


エルちゃん的には大雪なっても、何ら変わりな
く朝散歩。












エルと一緒に暮らすようになって知った事…


わんこって、どんなに環境が変わろうが文句も
言わずわんこなりに受け止め、文句も言わず対
応するような気がします…。





話せないけど、訴えようとする姿が何とも愛お
しい…









人事と思ってしまいがちな自然災害。
長い歴史から見てみると、いつ起こってもおか
しくないもの。





エルちゃん地方では、雪は毎年当たり前に降っ
てくるもの。

大阪から東北にやってきて、

「毎日、振り過ぎやろ!」

と毎日の雪かきに疲れ果てた事も正直ありまし
た。


いつの間にかこの自然を受け入れ、毎年やって
くるもんやと思えば、


「いつものことやな~」

「いつもより多い?少ない?」


と思えるようになりました。





何事も「ありえる事」と

思って、わんこのように、

「今を受け入れる」という

姿勢



でいれば、気持ちも楽になるのかもしれませんね。
Comments (0) Trackbacks (-) | 田舎暮らし

今までの常識は「慣れ」で変わるもんやね

寒さ、冷え対策で服を着る事が増えたエル。















先日、ひさびさに服を着ないエルを見たら、




裸に見えて、何だか恥ずかしくなってしまった(笑)



今までの常識っていうのは、慣れで変わるも
んなんやね~

足を痛める要因は色々あるもんです(エルちゃんの場合)

大型犬は足を痛めると、あっという間にどんど
ん悪くなり寝たきりになる事や、ラブラドール
は股関節形成不全が多いという事を聞いていた
ので、足については敏感になっていました。



という事でサプリメントを使ったり、筋肉を増
やすためにもタンパク質が多いフードや食べ物
、運動などなど色々試したことも…。



そうやって気を使っていても、忘れた頃に足を
痛めてしまったエルちゃん…。


「やっちまった…」
「手作りやトッピングご飯があかんかったんや
 ろうか?」
「何でやろう?」


と色々考えた時期もありました。







で、相方とよ~く見直してみると…


足を痛める時は、たいてい太りぎみの時や!

という事実に気づく。





抱っこは簡単にさせてくれない、エルちゃん。
体重を測れるのは病院に行った時ぐらい。



うちらはエルの体重を、見た目や触った感覚で判断してます。


寒い時期はエネルギーを消費しやすいので、つ
いつい食べさせてしまいがち…。

「コロコロやん!」って感じた時は、おやつを
減らしたり、運動する遊びを増やして工夫して
います。



そうやっているうちに、散歩の足取りも軽くな
って「ええ感じになったやん♪」という感じに
変化します。






エルちゃんは恐らく、スタンダードなラブラ
ドール。(土佐犬みたいな顔やね😅)




で、あれば女の子のラブラドールやと、体重が
25~32kgらしい…。


エルの場合は今まで、体重は27~31kgの間。
ちょうどいいっちゃ、いい体重。





色んな情報があふれている世の中。

「何がうちの仔にベストなんやろうか?」と

我が仔をちゃんと見て考え、対応するのが一番
いいんやろうね。




可愛いからと言っても、おやつはほどほどに…。





普通は最高の幸せ

進歩しないとイケてない…。


現状に満足するのはイケてない…。


行動や活動しないともったいない…。




といったように、今は

「もっと上を目指す!」

「変化しなければならない!」

「普通じゃダメ!」

に縛られがちやけど…



一体、どれくらいの人が、今ある幸せに気付いているんだろう?


って思う。







ちゃんと家で過ごせて

ちゃんとご飯が食べれて

ちゃんと寒さをしのげる服が着れて

ちゃんと安心して眠る事ができて

家族元気に普通の生活ができて



今ある普通ってすごい幸せやと思うんやけど、
違うんかな?




エルちゃんと普通に散歩が出来ること




エルちゃんと一緒に暮らしてきた事を記録出来
ること




シニアやけど、一緒に1時間半の散歩を普通に
歩ける事




これ以上の幸せはないと思っています。



全て自分や家族が元気で生きていないと出来な
いこと。

現状維持って簡単なようで、難しい事やと思う。








ある中国古典では、

前に進む「決断」と撤退する「決断」がある。後者の方が難しい…

という言葉があります。



周りと同じように前進する事ばかりではなく、
今を見てちゃんと物事を判断する事を心がけた
いものです…。





ちょうど、かさこ塾の塾長もええ話をブログに
記載してました!

人と比べて落ち込まなくていい…」


普通は悪くない!

普通は最高の幸せですね😄
Comments (0) Trackbacks (-) | つぶやき