FC2ブログ
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年09月

もしもの時に備えてやっておくと後が楽かも

今回、おとんの旅立ちで実感したこと!

 

いらんもんは、とことん処分しておく!

・通帳、保険、年金証書や手帳、マイナンバーの把握

・葬儀内容や大まかな金額、前もって調べておくといい

 かも…。(全て現金支払いになるので)

・携帯や通信など公共料金以外の支払いの把握

・車の保険や車検の把握

・役所に何度も行かなくていいよう、必要書類の

 把握

 などしてると動きが楽かな?

 

 

色々書きましたが、物の処分!

生きていようが旅立ちしようが、これはほんまにやって

ると、後が楽ですよ~

 

 

やっと、定位置でお昼寝が出来るようになったエル

です。

古くなったドギーの縫いぐるみ。

彼女には大事な物らしい…

 

 

親の言動、行動が子どもに影響する話

とんでもないタイトルですが、これはうちの場合の

話なので参考までに…。

 

 

娘と母親って仲がいいパターンあるのではないでしょ

うか?

うちも母親って同性で話しやすい分、ケンカも多々

ありましたが…。

 

うちは父親と母親がケンカしたとき、母親からは父親

の愚痴をよく聞かされていましたσ(^_^;

子どもの頃は家族っていう集団が基本であり他を知ら

ない分、母親のそのまんまを信じて「お父さんはひど

い人」というすり込みを知らず知らず受けていたの

です。

 

 

思春期も重なり更に父親を毛嫌いして、「お父さんが

いる意味が分かんない。居なくても、母親がいれば

いい」というとんでもない偏った思い込みをするよう

に…。

 

 

それからは、「男なんて…」と強がって、小さな世界

で鎧を着て強がって生きてきた日々。

 

しかし、相方と一緒になり、家族っていうものを第3者

として見る機会を得られたのです。

「なんてみんな素直なんや」「あたしみたいにひねく

れて」ないと気づきましたが、地方だからそうなのか

なと思うようにしてました。

 

うすうす、自分がやさくれていることに気付きました

が、実際には認めたくない自分もいる現実。

相方からは「寂しい生き方やな…」と。

 

 

そんな中、父親の旅立ち…。

 

改めて、客観的に物事を整理すると、今まで見えな

かったことに気づくんですよね。

 

母親が「いらんのに、ようけ買い物する」っていうの

は、母親が重い買い物をせんで済むように…

 

昔の手帳に、母親の誕生日をちゃんと書いてたり…

 

など、色んなことが冷静に見ると出てきます。

 

 

離れて暮らすようになり、少しは父親に優しくできる

ようになってたけど、今までは

母親だけの話だけで、父親を判断して見てた

父親と向き合うことができていなかった

という事に気づきました!

 

なんて狭い世界で生きてきて、自分がちっちゃくて

えらそうに分かった風に生きてきた自分が恥ずかしい

です_| ̄|○

 

 

気づくの遅いけど、気付けてほんま良かった…。

このまま気付かんかったら、悲しい人生やったかも。

 

 

子どもを育てる方には色々大変ではありますが、あた

しみたいなとんでもない大人に育たないよう言動や

すり込みには気をつけていただければ…と思います。

 

 

エルは飼い主に似ず、ええ仔です(*^_^*)

シニアにとって環境の変化は、えらい事件らしい…

普段、帰省しても2泊程度やったのが今回は実家に

8日間の帰省。

エルとこんなに離れたのは、初めてです。

 

 

離れて2日目で自分のベッドで寝ることなく、相方が

2階に行くと同じようについて行くエルだったそうです。

 

相方からのラインで送ってきた写真。

あたしのベッドが乗っ取られてるし( ̄0 ̄)

 

寝ていても、相方が動くとエルも起きて動く状態で

えらい繊細になっていたみたい。

 

 

あたしが帰ってきてからも、ストーカー状態です。

新聞見てんのに…

見られへんねんけど…

 

 

人の場合も、年配になると環境の変化に戸惑い混乱

する方がいます。

エルちゃんは人年齢にすると、70歳。

人と同じように考えると、このような状態も納得でき

ますね。

 

 

昨年は相方が3週間近く入院した際は悪さをしていた

のですが、1年後の今はえらい甘えん坊に…。

年をとると、寂しさや不安があるんでしょうね。

 

 

シニアと暮らす方々が「シニア最高!」っていうのが

少しわかったような気がしますね。

血のつながった家族でありながら、異なる価値観

おとんの旅立ち行事の後は、役所や色んな手続きが

続きます。

あたしも姉も大阪を離れて暮らし、休みが限られて

いる状態。

 

 

おかんが困らんよう出来る事は済まして、後で楽に

なるように…と思いどんどん行動するあたし。

 

 

しかし、同じ血のつながった家族でありながらも

意見が一致しないんですよね~

 

 

「めんどくさい」「後でゆっくりする」「まくし

たてられて、変に失敗する」と言われる始末(^_^;)

 

 

こういう時って何かともめるもんで、しゃーないん

やろうけど( ̄0 ̄)

 

 

久々のエルちゃん散歩に癒やされました♪

 

 

思っていたより大きかったおとんの存在

世間的には父の日よりも母の日の方が目立っており、

お父さんはけむたがられることが多いのではないで

しょうか?

 

 

年頃になってからはおとん(お父さん)を毛嫌いする

ことも多く、今思えばひどい娘やったかなと(>_<)

 

 

エルちゃん県に移住してからは離れてから気づくこと

もあり、帰省した時はおとんと少しは話すようになり

ました。

 

しかし、実際は照れや何を話していいのやら?でたい

した話は出来ずじまいでした。

 

 

今回おとんが旅立ってからは親戚付き合いも乏しかっ

たので、お参りに誰も来ないと思っていました。

しかし、ただのアルバイトのおっちゃんやったのに

若い方~年配の方まで来てくれたのです!

 

 

普段、家でゴロゴロうっとおしいおとんやったけど

外では「仕事頑張っていた人」「色々声かけてくれて」

「言いたいこと言い合っていた仲間やのに寂しくなる」

「相談聞いてもらっていた」と、うちら家族が知らない

姿を聞き驚きました。

みんなに優しく接しつつ、楽しくやっていたようです。

 

 

肺、胃、食道、膀胱などあらゆる癌がありながらも、

旅立つ前日まで仕事に行き、ご飯も食べれてました。

今思えば、迷惑かけんよう病院結果はうちたには嘘つ

いていたり、「コロッといってやるわ~」って言って

たな~

 

 

本当は怖かったり、家族にも頼りたかったやろうに

そんな素振りも見せず…

家では素っ気ない対応を受けていたけど、みんなと

仲良く楽しく仕事出来たのは最高やね。

もう少し、おとんの気持ちをわかってあげれていたら

という後悔はありますが、気づいただけでも許してく

れるかな?

 

 

人は目の前に見える行動や言動で判断しがちやけど、

父親っていうのは口数が少なく、時には誤解もされ

がち。

父親の存在価値っていうのがよくわからんかったけど、

母親とはまた違った大きな愛情で不器用に家族を見守

りつつ、涙を見せず苦しさに耐えている…。

思った以上に父親の存在って当たり前やけど、大きい

んやね。

相方いわく、「父親っていうのは警察官やレスキュー

みたいなもんで、普段はひっそりとしてる。でも何か

あったときはすぐ動いて助けてくれるみたいなもんや

ろう」と。

 

 

ほんまに、離れて、いなくなってから存在の大きさって

気付くもんなんですね。

なくなってから気づくのではなく、早く気がついて家族

の時間をみなさん大切にしてくださいね!

 

 

あっという間の1週間の帰省でした。

 

 

 

帰省中はだんじりの試験引きが見れました!

懐かしい~

 

 

 

 

 

毎朝を無事にむかえるということ

朝、普通にエルちゃん散歩をして、いつも通りの朝。

 

仕事に向かってる途中、おかん(母)から電話が…。

「お父さんが…」と。

 

 

 

 

色んな癌になってて、でいつどうなってもおかしくな

いと覚悟してたけど、急にその日はやってくるもんな

んですね。

 

 

7月の初め、思い切って帰省してエルにも合わせる

ことができて良かったです。

「また、会えるだろう…」て思いがちやけど、毎朝

無事にむかえる事っていうのは当たり前と、奇跡の

紙一重なのかもしれませんね。

思い立ったら吉日っていうけど、ほんまにやりたい

事あったら理由つけんと、やった方が後悔しないと

思います。

たった一度の人生、大事にせんとね。

 

 

正直、おとん(父)とは仲良くなかったけど、身を持って

最後に教えてくれたと思います。

 

ここまで生きててくれて、ありがとうございました。

 

 

エルちゃん県にも空港がありますよ~

 

 

1時間15分で、伊丹空港到着です!

シニアでも食べやすいヒマチー

先日、買い物行ったときに見つけた物♪

 

エルちゃんのおやつに、たま~にあげていた…

「ヒマチー」のラスクバージョンが!

 

 

 

ヒマチーとは…

「ヒマラヤチーズ」のこと(^_-)

山羊さんのミルクを使っています。

 

 

普段は硬い棒状のやつをあげていたのですが、先日

のお腹壊した事件後ということもあり、今回は「カロ

リー控えめで、シニアにオススメ!」というのに惹か

れて買ってしまいました(>_<)

 

 

お気に入りで、においを察するとスタンバイです。

 

 

 

小さくて、調節してあげれるのがいいですね~

 

Comments (0) Trackbacks (-) | エルごはん

動物と暮らす方、動物と関わる方に知っにておいてほしい「5つの自由」

動物と暮らす、関わる人に知って欲しい「5つの自由」

をご存知でしょうか?(環境省サイトにもありますよ)

 

 

 

ペットブームであり、子どもと暮らすよりペットと

暮らす割合が増えています。

中には、可愛いから…と犬種ごとの特性を把握しない

まま迎えて、手におえなくなる…というパターンも

中にはある現実。

今は、猫の方が手がかからないという安易なブームに

なっており、この先を思うと不安がよぎります。

ブームは続くものではないですからね…

責任を持って、一緒に暮らしてほしいものです。

 

 

「5つの自由」とは元々家畜の福祉の目標として、

英国で生まれたもの。

やがて、ペットであろうと、実験動物であろうと、

動物園の動物であろうと、この「5つの自由」は、

全ての動物が持つ最低の権利だそうです。

 

1.飢えや渇きからの自由

 

2.痛み、負傷、病気からの自由

 

3.恐怖や抑圧からの自由

 

4.不快からの自由

 

5.自然な行動をする自由

 

 

動物と暮らす方々、自分自身も忘れないよう心がけて

いきたいものですね。

 

 

 

 

今日は雨降らず、散歩行けて良かった~

 

 

この白い花(?)

蕎麦らしいですよ~

 

家族との楽しい時間、わんこが一番望んでいることかもしれないね~

ここ最近は仕事で忙しく、エルちゃんとの時間が

減っていました。

9歳にもなればあたしらの動きでお察しするようで、

掃除機かける時や何かしていると邪魔にならない場所

に移動します。

家政婦のようにうちらの動きを見て、「今は相手して

もらえない…」というのがわかるんでしょうね~

掃除機終わると、立ち上がって「終わりました?」

みたいに寄ってきます。

 

 

 

白内障になったり、シニアの年齢を迎えてから、エル

の寿命を意識する事も増えてきました。

エルを中心にし過ぎて、後々大変になる事も考えたり

適度に趣味も…と正直思うこともあります。

ただ、若かりし頃の時間を無駄にしてしまった後悔が

後悔が大きいので、後悔しないように!という思いで

今に至ります。

 

そんな考えを相方にも話をして、エルとの時間は大事

に…と言っています。

 

 

先日、珍しく相方がエルとたわむれ、テンションMAX

のエル(写真、ブレブレやし…)

甘える時、こんな感じなんです。

普段、我慢して待っててくれる分、歓迎はスゴイです!

 

 

 

 

昔、相方が買った帽子。

使う前にボロボロにしたので、今はエルのおもちゃに

なりました♪

こうやって、また遊びに誘ってきます!

表情もイキイキして、子どものようです。

 

 

おやつやご飯が足りないとキレるエルですが、こう

やって家族で過ごす時間が「ご褒美」であり、「一番

彼女が望む」事でもあるのかもしれませんね。

 

忙しくて構えない時もあって、ごめんね…。

 

 

人より短い犬生、癒やしをもらうばかりでなく、エル

にたくさん喜ぶ事をしてあげたいものです。

 

 

色々やってても、できてしまうんやね

普段、マッサージでさわりまくっていたのですが、

先日、横になってたエルちゃんをさわっていた相方が

エルの左脇にできものを発見!

以前も何かある場所だったのですが、2cm程に

大きくなっていたのです。(当時、病院で見てもらった

時は、あるのかないのか微妙な大きさ)

赤く○したあたり。

この状態やと大きく触れるのですが、立つと大きさが

小さく感じます。

 

ちなみに、シニアになってから、腹の真ん中と右の脚

の付け根の2つに脂肪腫が出来ています。

 

相方と今回発見したのは「今回も脂肪腫だろう」と

思っていたのですが、他の脂肪腫と違って何か硬い

ような…と不安になってしまったのです。

 

相方は「そんなんで、いちいち病院行くのか!」と

反対ぎみやったのですが、嫌な感じがしたので今日

は仕事が休みだったので病院に行ってみました。

 

 

病院はテーマパークと思っているのか、まあ~落ち着

かないことで(^_^;)

 

 

 

会計中の方が、気になるらしい…

 

 

やっと、落ち着いた…。

 

 

先生は触った感じで、「脂肪腫かな?一応見てみます

ね~」と針でチクッと刺しました。

 

結果は…

「悪いものがなく、脂肪ですね。」

 

あばらに近いので、違うように感じたんでしょうね~

ということでした。

脂肪腫、ラブやゴールデンには、多いんですってね。

 

 

まあ、この数日間、ハンパない不安感。

マッサージやご飯、ストレスかけないよう気をつけて

やれることやってても、脂肪腫ができる時はできて

しまうんやね…

 

 

とりあえず、悪いものでなくて良かった♪

 

ちなみに、本日の体重は30kg。

痩せてスッキリしたようやけど、思ったほど痩せて

ないね~

 

 

病院から帰宅後、おもちゃを持ってきて

 

 

 

あたしの前に落として、遊びを誘うエルちゃん。

 

 

シニアになると何かと心配事が増えてしまうけど、

それ以上にお互い楽しめる事を考えて、一緒の時間

を大切にしたいものですね~