TOP ≫ CATEGORY ≫ あたしのこと
CATEGORY ≫ あたしのこと
       次ページ ≫

自分らしく生きることで、肩の力が抜ける話

普段はもめ事が嫌なので、自分の意見は押し殺すこと

が癖になってたあたし。

 

 

おとんが旅立ったことや身内での集まりで、この1か

月の間に自分の意見を出す機会がありました。

って言うか、言わないと「ヤバいやろ」状態やった

ので…。

 

 

 

母親や周りの親戚が「そんなこと言うんや!」とあた

しに対して、驚きのリアクション!

 

 

恥ずかしながら、母親や親戚までも自分を出して付き

合いできてなかったんでしょうね…。

 

 

 

言いたいことを吐き出すことができて、初めて味わっ

た感覚…。

勝手に背負っていた鎧を脱いで、軽くなったような気

がします。

無意味なこだわりがあるために、背負った鎧。

今まで周りに気を使いすぎて、自分を出せず苦しくな

って勝手に悩んでいました。

 

 

 

色んなセミナーに参加したり本を読んで、自分探しに

頑張ってきた時期もありました。

 

 

結局の所、良いことをマネするんじゃなく

 

 

自分で、いかに気づくか! 

自分らしく生きるているか!

 

 

ってことに気付かないと、ダメなんやな~と。

 

 

自分らしく生きるって、こんなにも楽なんやね。

昔はアトピーにも悩まされましたが、今ではすっかり

収まっています。

 

 

 

エルも自分らしく、過ごせているかな?

てんかん様発作、以前は毎月繰り返していたけど、こ

こ数年なくなったもんね~

 

自分を出せるっていうのは、簡単なようで難しい。

でも、それが出来れば、この大変な世の中楽に過ごせ

んじゃないやろか?

 

 

身内が欠けても、いつも通り機能して毎日がやってく

る世の中…。

 

 

そう思えば、周りを気にし過ぎより自分の人生と向き

合うことを大事にした方がいいかな~と。

自分の人生、一度きりやもん!

 

 

この1か月、色々あったけど、うちの相方は「間違って

ないから」と。

旅立ったおとんも自分らしく生きることを見守ってく

れていたような気がします。

 

自分らしく生きていいよって…。

 

 

価値観が一致する事は奇跡です!

今回、大阪に帰省し、実家にいながらも「居心地の

悪さ」を実感しました。

正しい事を言っているにも関わらず母や姉からは否定

され、「逆にあたしが間違っているのか?」と勘違い

するくらい(^_^;)

 

 

何度言っても通じず、民主主義のように数で負ける…

みたいな。

 

 

強がってるあたしのメンタルの弱さで挫けそうにな

ることも…。

 

 

そんな中、うちの相方の存在に助けられました。

O型同士で普段喧嘩もするけども、いざというときは

意見が一致する事も多いのです。

 

夫婦って血もつながってない、しょせん紙切れ(結婚

届)だけの関係と思っていました。

バツイチ経験の相方からはよく「こんだけ話せるのは

いない!」と言われていましたが、当時のあたしは理

解できずσ(^_^;

 

今回は、定期の通院もあり相方は一緒にいなかったけど

も親の立場もわかり、客観的な判断であたしに対して

「よくやった…」と。

そこで初めて「ああ~。間違ってなかったんやな」と

思うことができたのです!

 

正しい事が理解されない辛さ。

周りに挫けて負けそうになるけど、一人でも気持ちに

寄り添ってくれる人がいるっていうのは、すごい力に

なるもんです。

 

 

マラソンでも辛いとき、周りの応援で走りきれるって

事ありますもん。それと一緒かな?

 

 

世の中、沢山人がいるけれど、結婚相手と同じ価値観

っていうのは奇跡であり、貴重です。

結婚が早ければヨシ!ではなく、共に過ごすパートナー

という見方も必要かな?と今回、しみじみ思いました。

 

 

頭隠して、尻隠さず(笑)

色々思いを話せて、理解できるっていうのは楽です。

もしもの時に備えてやっておくと後が楽かも

今回、おとんの旅立ちで実感したこと!

 

いらんもんは、とことん処分しておく!

・通帳、保険、年金証書や手帳、マイナンバーの把握

・葬儀内容や大まかな金額、前もって調べておくといい

 かも…。(全て現金支払いになるので)

・携帯や通信など公共料金以外の支払いの把握

・車の保険や車検の把握

・役所に何度も行かなくていいよう、必要書類の

 把握

 などしてると動きが楽かな?

 

 

色々書きましたが、物の処分!

生きていようが旅立ちしようが、これはほんまにやって

ると、後が楽ですよ~

 

 

やっと、定位置でお昼寝が出来るようになったエル

です。

古くなったドギーの縫いぐるみ。

彼女には大事な物らしい…

 

 

親の言動、行動が子どもに影響する話

とんでもないタイトルですが、これはうちの場合の

話なので参考までに…。

 

 

娘と母親って仲がいいパターンあるのではないでしょ

うか?

うちも母親って同性で話しやすい分、ケンカも多々

ありましたが…。

 

うちは父親と母親がケンカしたとき、母親からは父親

の愚痴をよく聞かされていましたσ(^_^;

子どもの頃は家族っていう集団が基本であり他を知ら

ない分、母親のそのまんまを信じて「お父さんはひど

い人」というすり込みを知らず知らず受けていたの

です。

 

 

思春期も重なり更に父親を毛嫌いして、「お父さんが

いる意味が分かんない。居なくても、母親がいれば

いい」というとんでもない偏った思い込みをするよう

に…。

 

 

それからは、「男なんて…」と強がって、小さな世界

で鎧を着て強がって生きてきた日々。

 

しかし、相方と一緒になり、家族っていうものを第3者

として見る機会を得られたのです。

「なんてみんな素直なんや」「あたしみたいにひねく

れて」ないと気づきましたが、地方だからそうなのか

なと思うようにしてました。

 

うすうす、自分がやさくれていることに気付きました

が、実際には認めたくない自分もいる現実。

相方からは「寂しい生き方やな…」と。

 

 

そんな中、父親の旅立ち…。

 

改めて、客観的に物事を整理すると、今まで見えな

かったことに気づくんですよね。

 

母親が「いらんのに、ようけ買い物する」っていうの

は、母親が重い買い物をせんで済むように…

 

昔の手帳に、母親の誕生日をちゃんと書いてたり…

 

など、色んなことが冷静に見ると出てきます。

 

 

離れて暮らすようになり、少しは父親に優しくできる

ようになってたけど、今までは

母親だけの話だけで、父親を判断して見てた

父親と向き合うことができていなかった

という事に気づきました!

 

なんて狭い世界で生きてきて、自分がちっちゃくて

えらそうに分かった風に生きてきた自分が恥ずかしい

です_| ̄|○

 

 

気づくの遅いけど、気付けてほんま良かった…。

このまま気付かんかったら、悲しい人生やったかも。

 

 

子どもを育てる方には色々大変ではありますが、あた

しみたいなとんでもない大人に育たないよう言動や

すり込みには気をつけていただければ…と思います。

 

 

エルは飼い主に似ず、ええ仔です(*^_^*)

血のつながった家族でありながら、異なる価値観

おとんの旅立ち行事の後は、役所や色んな手続きが

続きます。

あたしも姉も大阪を離れて暮らし、休みが限られて

いる状態。

 

 

おかんが困らんよう出来る事は済まして、後で楽に

なるように…と思いどんどん行動するあたし。

 

 

しかし、同じ血のつながった家族でありながらも

意見が一致しないんですよね~

 

 

「めんどくさい」「後でゆっくりする」「まくし

たてられて、変に失敗する」と言われる始末(^_^;)

 

 

こういう時って何かともめるもんで、しゃーないん

やろうけど( ̄0 ̄)

 

 

久々のエルちゃん散歩に癒やされました♪

 

 

思っていたより大きかったおとんの存在

世間的には父の日よりも母の日の方が目立っており、

お父さんはけむたがられることが多いのではないで

しょうか?

 

 

年頃になってからはおとん(お父さん)を毛嫌いする

ことも多く、今思えばひどい娘やったかなと(>_<)

 

 

エルちゃん県に移住してからは離れてから気づくこと

もあり、帰省した時はおとんと少しは話すようになり

ました。

 

しかし、実際は照れや何を話していいのやら?でたい

した話は出来ずじまいでした。

 

 

今回おとんが旅立ってからは親戚付き合いも乏しかっ

たので、お参りに誰も来ないと思っていました。

しかし、ただのアルバイトのおっちゃんやったのに

若い方~年配の方まで来てくれたのです!

 

 

普段、家でゴロゴロうっとおしいおとんやったけど

外では「仕事頑張っていた人」「色々声かけてくれて」

「言いたいこと言い合っていた仲間やのに寂しくなる」

「相談聞いてもらっていた」と、うちら家族が知らない

姿を聞き驚きました。

みんなに優しく接しつつ、楽しくやっていたようです。

 

 

肺、胃、食道、膀胱などあらゆる癌がありながらも、

旅立つ前日まで仕事に行き、ご飯も食べれてました。

今思えば、迷惑かけんよう病院結果はうちたには嘘つ

いていたり、「コロッといってやるわ~」って言って

たな~

 

 

本当は怖かったり、家族にも頼りたかったやろうに

そんな素振りも見せず…

家では素っ気ない対応を受けていたけど、みんなと

仲良く楽しく仕事出来たのは最高やね。

もう少し、おとんの気持ちをわかってあげれていたら

という後悔はありますが、気づいただけでも許してく

れるかな?

 

 

人は目の前に見える行動や言動で判断しがちやけど、

父親っていうのは口数が少なく、時には誤解もされ

がち。

父親の存在価値っていうのがよくわからんかったけど、

母親とはまた違った大きな愛情で不器用に家族を見守

りつつ、涙を見せず苦しさに耐えている…。

思った以上に父親の存在って当たり前やけど、大きい

んやね。

相方いわく、「父親っていうのは警察官やレスキュー

みたいなもんで、普段はひっそりとしてる。でも何か

あったときはすぐ動いて助けてくれるみたいなもんや

ろう」と。

 

 

ほんまに、離れて、いなくなってから存在の大きさって

気付くもんなんですね。

なくなってから気づくのではなく、早く気がついて家族

の時間をみなさん大切にしてくださいね!

 

 

あっという間の1週間の帰省でした。

 

 

 

帰省中はだんじりの試験引きが見れました!

懐かしい~

 

 

 

 

 

毎朝を無事にむかえるということ

朝、普通にエルちゃん散歩をして、いつも通りの朝。

 

仕事に向かってる途中、おかん(母)から電話が…。

「お父さんが…」と。

 

 

 

 

色んな癌になってて、でいつどうなってもおかしくな

いと覚悟してたけど、急にその日はやってくるもんな

んですね。

 

 

7月の初め、思い切って帰省してエルにも合わせる

ことができて良かったです。

「また、会えるだろう…」て思いがちやけど、毎朝

無事にむかえる事っていうのは当たり前と、奇跡の

紙一重なのかもしれませんね。

思い立ったら吉日っていうけど、ほんまにやりたい

事あったら理由つけんと、やった方が後悔しないと

思います。

たった一度の人生、大事にせんとね。

 

 

正直、おとん(父)とは仲良くなかったけど、身を持って

最後に教えてくれたと思います。

 

ここまで生きててくれて、ありがとうございました。

 

 

エルちゃん県にも空港がありますよ~

 

 

1時間15分で、伊丹空港到着です!

リスタート

かさこ塾を知ってからセルフマガジンに興味が

わき、中でも読みたいな~と思っていた

櫻木よしこさんのセルフマガジンを頼み、先日

頂きました。

 

今回のセルフマガジンの

「あなたの人生、満足度は何%?」

というタイトルにひかれたのです。

 

リスタートっていうのは、(再出発・再起動)で、

それぞれ多かれ少なかれ転機があるようなのです。

自分にとっての好機となるリスタートは?を

実際に書いてみることで、今までの人生を振り返

り、傾向を知るいい機会となりました。

 

私のリスタート計画といって、自分の今までの印象

的な出来事をドット(・)を書き、グラフにするので

す。

 

・2000年までが苦労やったけど、その後下り坂が

 あっても、すぐ回復傾向。

・意外と思い通りな人生

 がわかりました!

 

論語で「四十で惑わず」というのがありますが、

今はほんと「人生の考え直し」の時期なんやろう

な~

自分を出すのを恐れず発信して、人生を

楽しもう!と思う。

 

 

エルちゃんも、日々楽しんでるもんね~

エルちゃんを見習わないと♪

 

育犬ノイローゼだった頃の話

勝手に作った「育犬ノイローゼ」ですが、

子育てにも当てはまるんじゃないかと

思い、つぶやいてみます。

今日は散歩時間が遅れ、帰宅後クールダウ

ン中。

 

 

エルちゃんと一番付き合いが長いのは、

うちの相方です。

エルちゃんが1歳半の頃にこの家にあたし

がお嫁に来て、一緒に暮らしています。

エルも心が広いもので、それなりに受け入

れてくれており、エルとの暮らしを記録

する意味でアメブロから始めました!

そんなある日、相方とあたしの共通の知り

合いに、始めたブログを教えることになり

ました。と言うのも、エルちゃんを可愛が

ってくれてる方だったので、エルの元気な

姿を見せれたら…という理由です。

それからというものの、暇さえあればメール

で「トマトなんか食べさせてええの?」

「暑い日やのに外で遊ぶのはつらそう!」

などなど…。

毎年のように足の指の間が赤くなったり、

外耳炎を繰り返し病院のお世話になること

になっており、「ちゃんと世話してないか

らや。それやったら、あたしが引き取る!」

としまいには相方じゃなく、あたしに言っ

てくることも…。

相方に言われへんくせにとめちゃくちゃ腹

立ったのですが、なんせ相手はあたしより

年上であること、エルのことを心配してる

からこそ…と自分に言い聞かせ、いい人を

演じました。

 

ツッコミが入らないように…と必死に皮膚

病にならないようにケアを行うようになり

ました。外耳炎の点耳薬をエルに入れようと

すれば逃げまわり、怒ってしまってテーブ

ルの下に隠れて、恐れさせてしまったこと

もありました。(エル、ゴメンね‥)

相方は手伝わず、知人から色々言われてる

ことなどで一人でイライラして自分の許容

範囲が限界になり、なぜかわからんけども

泣けてしまいどうしようもなくなってしま

いました。

相方にも時々言ってたのですが、「深入り

すんな」と。当時のあたしは「心配してる

から言うんや」「あたしさえ我慢して、頑

張れば…」と自分に鞭を打ってきたのです。

でも、人は我慢は出来ないもので、普段

強がって弱みを見せれないあたしですが、

身も心も限界となりまして、相方が知人に

ビシッと言ってくれたのです。

それからは気持ちが軽くなったと共に、

犬の知識が無かった為に、振り回されたん

やな~と気づきホリスティックケア・カウ

ンセラーの資格を取るきっかけとなったの

です。

考えようによっては、この事件があったから

こそ、犬勉強出来たのかな?と思います。

 

 

ここでオチがあるのですが、知人から

「トマトはアカン!」と言われていました

が、実際は日頃食べてるフードにも入って

るし、どこ見てもアカン理由なかったんで

すσ(^_^; 

「知らんくせに、えらそうに言うな!」

ですよね~

 

 

やはり、人を気にし過ぎの他人軸はあかん

ね~ 目の前のエルがおろそかになって

迷惑かけました…。

犬は色々察するので、自分の不安定な気持

ちがエルに伝わって、てんかん様発作につ

ながってたのかもしれません。

 

 

色んな情報や周りの言動など振り回される

けども、周りより目の前の仔と向き合うこ

とを大事にせんと、大事な事を見失ってし

まいます!

・何を優先するべきか?

・無理して頑張り過ぎない!

・「そんな事もあるわ~」て言うおおらかな

  気持ち

 

 

飼い主は母のように、おおらかな方がいい

のかもね~

 

 

育犬(育児)ノイローゼにならんよう、

皆さんぼちぼちいきましょう♪

犬は飼い主を選べない

エルちゃんとの初めの頃のつきあい方は、今思えば

自分勝手でヘタすりゃ、ネグレストに近いね…。

ラブ好きな方々に対して、お恥ずかしい話です。

それでもわんこは飼い主を選べないので、他と比べる

こともなく今そこに居る飼い主が一番!と思ってくれ

る。早くから母親や兄弟と離されて、辛いやろうに…。

エルちゃんはこんなあたしに対してホント心が広く、

無償の愛情っていうのを教えてくれて、凄い仔です。

エルちゃんとの時間を大事にし始めてからもラブと

暮らす方のブログは色々参考にさせてもらっていて

その中でも、夫婦2人とラブとの3人暮らしをされて

いる方が居ましてして、大事にしているな~と微笑

ましく、いつも思っていました。

しかし、ある日そのラブちゃんは病気になってしまい、

エルよりも若くで亡くなってしまったのです。

その方が言っていたのが、「毎日、抱きしめてあげれ

ば良かった」「毎日、大好きだよって言ってあげれ

ば良かった」と。

そこで、初めてエルとの時間は有限ではないことに

気がついたのです。

日頃、人の生死に関わっている仕事をしてるくせに、

不思議と自分のことはこのまま毎日過ごせると都合

よく人は思ってしまうんですね。

なので、今では無駄にした時間を取り戻すような

気持ちと後悔しないようにエルと向き合っています。

毎日、怪しく思われるくらいエルに話かけてますよ~

こんなこと書かなくてもいいんでしょうけど、改めて

振り返ることで初心に返ろうと思いました。

今は「高齢者の健康のために」

「子どもの教育のために」という理由で、ペットを

迎える方もいます。

しかし、ラブは賢いがゆえに手がつけられず手放され

る方がいたり、テレビで見てかわいいだけで迎えて

犬に対する知識も乏しいがゆえに可哀想な結果を

招いている現実があります。

人の考えも様々ですが、エルに色々教えてもらった

身としては、「犬に恩返し」がしたい!という思いが

あります。

犬は飼い主を選べない。人よりも短い犬生。

愛情をもらうばかりではなく、犬も人もお互い幸せに

なれる世の中になってほしいものです。

今じゃ、ふてぶてしくなってるエルちゃん。

最近、貫禄出てきてます。