TOP ≫ CATEGORY ≫ ホスピタル(エルちゃんの)
CATEGORY ≫ ホスピタル(エルちゃんの)
       次ページ ≫

白内障術後3年になりました!

白内障術後3年目の眼科受診日。


誰かが呼ばれたり出入りすると反応して、
「次、あたし?」と気にします(笑)




ニオイが気になり、いつも落ち着かない仔…






手術した右眼、前回進行した左眼の白内障は
おかげさまで現状維持です。

右眼に1日1回ジクロードと3~4回⁄日ヒアレイ
ン点眼、左眼は3回/日カリーユニ点眼を前回
同様に継続です。



しいていえば、今回から10歳なので左眼にも
ヒアレインを3回/日してみていいかも…という
事になりました。



また、3か月後に受診ですが、このまま現状維
持できますように…

体重は30.1kgでたいしたダイエットにならず、
現状維持です(笑)



わんこが年を重ねる速さは、思ってる以上に速いようです

白内障術後2年10か月の受診をしてきたエル。
3か月毎に通院しています。





色んなわんこのにおいがするのか、まぁ~
落ち着きのないこと(笑)

病院に来ると、テンションアゲアゲです♪








今回の受診で、先生の「変わった事なかった
ですか?」という聞き方が、なんとなく違う
感じ…


何かありましたか?と逆に聞いてみました。



手術していない方の左眼の白内障が、今回進
行していたのです…。

今まで「大きな変わりはありません」と3年
近く言われていただけに動揺がハンパない…。




3か月前の前回と違って画像では明らかに今回
黒くなっていました。

ステージ的には4段階のうちの1で今までと変
わりないのですが、たった3か月で変化が出る
のかと驚きとショックが…。




ただ、今の病院で3年前に左眼の白内障がわか
り、中心の裏にできゆっくり進行するレトリ
バーに多いタイプと以前から聞いていました。

幸いにも、手術した右眼は今回も良好と言われ
たのは良かった…。



手術でも6割が緑内障などのリスクがあり、残
り4割の望みにかけ、たとえ悪くなって見えな
くなってもエルを最後まで面倒みる覚悟を決め
た3年前。


そう考えると、ここまで維持できた事は良か
ったのかな?




わんこが年を重ねる速さ、

思ってる以上に速かった…





たった3か月でこの変化やもん…。


シニア時間、どうか皆さん大事にしてください。








仮に、左眼が更に進行した場合、手術の選択は
ありません。
前回、結果が良かったとは言え、シニアにとっ
ての環境の変化はキツいと思われるのです。

(昨年、1週間実家に帰った時、相方から離れな
い分離不安的な事もあったので…)




医療者のあたしが言うのも変ですが、命は永遠
ではありません。医療の限界というのもありま
す。


だからこそ、治す!ばかりではなくエルらし
く家族で楽しく家で過ごす事を優先したいと
思うのです…。


この選択は他の方に強制するものではないし、
勧めるものではありません。

我が仔が病気になった時、ちゃんと向き合って
それぞれの家族がベストな方法を選択するのが
大事やと思うのです…。






現在、エルは日常生活では何ら変わりありませ
ん。



あまり考え込むと察するエルなので、



過去を悔やみ未来を恐れるより

も、今この時間を大事に…





という意識で日々大事にしたいと思います。






診察待ちの間、他の方が呼ばれても行こうとす
るエル(笑)


一種類の目薬の回数が、1日2回から1回に変わ
り今回いい進歩はありましたよ♪





白内障術後2年7か月

今日は今年最後の眼科受診。


エルちゃん地方は、相変わらず雪。





病院に着くと、雪の多さが全然違う…








手術した右目のレンズはズレず、透明度もOK!
眼圧も、右が10で左が9。左右差はほとんどな
しです。

左眼は白内障と核硬化症ですが、大きく問題は
なし。

ただ、最近寒いのでご飯を少し増やしたら体重
が、31.2kg! (>_<)





問題なく今年の受診は終わりで、次は3か月後。

目薬は今の分を継続。





2種類しているのですが、「いつまで続けるん
やろう?」という疑問があり、今回質問してみ
ました!


非ステロイドの「ジクロード」は3年たった頃
に1日2回だったのを一回もしくは終了。

角膜保護の「ヒアレイン」は、冬場は必要かな
と…。

3年たった頃にとりあえず、判断するそうです。



悪化なくここまで来れたので、気を緩めず現状
維持で新年を迎えようと思います!






人が大好きで、テンション上がってしまうエル
ちゃん。
待合室は小型犬が多いので、他のわんこが引い
てしまう為、中に入らず外で頑張って待つエル
ちゃんでありました。

医療と生活の質

3か月毎、エルちゃんの眼の通院で病院通いしてます。

白内障術後2年5か月目の受診。

 

 

 

人が大好きなエルちゃんは、診察室側の通路を見つめ

アイドルが出てくるのを待ってるみたいな感じで、

順番を待ちます(笑)

 

 

 

 

時には、「○○ちゃん!」と別の仔が呼ばれたのに、

あたし?と立ち上がって反応してみたり(笑)

 

 

エルにとって病院は、テーマパークみたいなもんです。

 

 

 

手術した右目の網膜、眼圧も問題なし!

左眼の白内障も大きな変化がなく、「今のところ手術の

必要はありませんね」と。

左眼の白内障は、進行しにくい場所にできているらしく

網膜の障害になるほどではないようです。

 

手術した当時は7歳目前の頃。

現在は9歳。

 

 

今後、左眼の白内障が進行して手術が必要になったら

相方と「手術をしない」という選択です!

  

・以前は若かったけど、年をとってからの治療はエルの

 負担になるのではないか?

・術後の緑内障のリスク

・5日程入院が必要になってくるので、エルのストレス

・ステロイドを服用にあたっての副作用など…

 

 

人は大好きなエルですが、先日あたしが1週間不在に

なった時の長引いた不安感を考えると…というのも

大きい選択の一つになりました。

 

 

 

人も犬も最近の医療技術は進んでいます。

それゆえに、昔よりも長生きになってきています。

 

 

シニアが入院するっていうのは病気の完治・症状の緩和

と体力・筋力・認知機能の低下などのリスクと紙一重。

 

 

それぞれの本人と家族の問題やから「これがいい!」

とは言い切れないし、押し付けられない。

 

ただ、日頃仕事をしていて、「何だかな~」と思う

事があるのは事実です。

 

 

話せないエルの場合は飼い主の気持ちだけでなく、

「何がこの仔にとって一番いいのか?」

と言う生活の質を第一に考えていきたいものです。


色々やってても、できてしまうんやね

普段、マッサージでさわりまくっていたのですが、

先日、横になってたエルちゃんをさわっていた相方が

エルの左脇にできものを発見!

以前も何かある場所だったのですが、2cm程に

大きくなっていたのです。(当時、病院で見てもらった

時は、あるのかないのか微妙な大きさ)

赤く○したあたり。

この状態やと大きく触れるのですが、立つと大きさが

小さく感じます。

 

ちなみに、シニアになってから、腹の真ん中と右の脚

の付け根の2つに脂肪腫が出来ています。

 

相方と今回発見したのは「今回も脂肪腫だろう」と

思っていたのですが、他の脂肪腫と違って何か硬い

ような…と不安になってしまったのです。

 

相方は「そんなんで、いちいち病院行くのか!」と

反対ぎみやったのですが、嫌な感じがしたので今日

は仕事が休みだったので病院に行ってみました。

 

 

病院はテーマパークと思っているのか、まあ~落ち着

かないことで(^_^;)

 

 

 

会計中の方が、気になるらしい…

 

 

やっと、落ち着いた…。

 

 

先生は触った感じで、「脂肪腫かな?一応見てみます

ね~」と針でチクッと刺しました。

 

結果は…

「悪いものがなく、脂肪ですね。」

 

あばらに近いので、違うように感じたんでしょうね~

ということでした。

脂肪腫、ラブやゴールデンには、多いんですってね。

 

 

まあ、この数日間、ハンパない不安感。

マッサージやご飯、ストレスかけないよう気をつけて

やれることやってても、脂肪腫ができる時はできて

しまうんやね…

 

 

とりあえず、悪いものでなくて良かった♪

 

ちなみに、本日の体重は30kg。

痩せてスッキリしたようやけど、思ったほど痩せて

ないね~

 

 

病院から帰宅後、おもちゃを持ってきて

 

 

 

あたしの前に落として、遊びを誘うエルちゃん。

 

 

シニアになると何かと心配事が増えてしまうけど、

それ以上にお互い楽しめる事を考えて、一緒の時間

を大切にしたいものですね~

白内障術後2年2か月後の話

今日はエルちゃんの眼科受診。

人が大好きで、気になってしゃーないみたい。

病院であろうが、お出かけはテンションがアゲ

アゲになり、周りのわんちゃんが引いてしま

うことも(^_^;)

手術した右側は最近白く見えていたような

気がしましたが大きな変化なく、左眼は

若干の進行はあるものの日常生活は支障

無しです。

ただ、加齢に伴い白内障と違って「核硬化

症」というものが出てくるなどもあるそう

です。

長生きすれば色々あるよな~

色んなリスクがあってここまできたから、

欲は言ってられません。

放置してれば、今頃は失明していたであろう

エルの眼。

ただ、手術をしたらバンザイ!で終わらず、

定期的な通院と目薬は必要です。

今はこの2種類! 一回の通院で諭吉さんが

去っていきます…。(3か月分処方と診察)

エルちゃん地方は眼科がないので、お隣の

県まで片道3時間近くかけて通っています。

正直、幸いにも結果が良かったのでいいですが、

手術したからいい面、大変な面もあるのは

皆さんに知っていただけたら幸いです。

自宅での術後管理や金銭、時間、お出かけでも

必ず目薬持参など…。

手術をしなくても、飼い主さんが出来ること

はあると思うので、責めたりしないでくださ

いね。

ちなみに、うちはペット保険は入ってません。

明日からもエルちゃんの為に、仕事頑張るで!

帰りに、大きいエビ天を食べてきました♪

もう2年たつんやな~

今日はエルちゃんの眼科受診日。

色んな仔のにおいや、人が気になって落ち着かないね~

エルと同じ年頃のわんこちゃんの通院に来ていたパパさんや

ママさんにもご挨拶。

待ち時間の間わんこ話は尽きないもので、あたしが会計で

中にいる間白内障について相方が語ったらしい。

1.みんながみんな白内障手術を受けれるということでは

ないこと

2.白内障の病気を大きく分けると4段階あり、手術を受けれる

ステージが3までで、4になってしまうと受けれない

3.網膜がやられてしまってるとレンズをいれても意味がない

4.性格的な問題で受けれない場合もある(治療ができない)

5.手術を受けたとしても、レトリバーは緑内障のリスクは6割ある

6.術後もぶどう膜炎や網膜剥離のリスクがあるので注意

など話したようで、興味深く聞いてたみたい。

あとは、術後1か月は毎週通院や散歩もトイレ程度の制限、

ラッパ(エリザベスカラー)装着、ステロイド内服で水のがぶ

飲みやオシッコの量もハンパない!

今振り返ると、それを乗り越えれて今があるんやな~と

しみじみ…。

姉さん、そこ入り口で邪魔なるんやけど…

5/11で術後まる2年を迎え、3年目に突入です。

今の状態をありがたくかみしめて、今を大切にしていかんとね♪

病院とは違う県外ナンバーのあたしたちなので、

帰り際にわんちゃんを連れたパパさんに話しかけられた相方。

その仔もエルよりも遠い県外からこの眼科に通院中。

話の中で相方が「家族同然になりますよね~」と言ったら

そのパパさんから「家族同然ですよ!」てマジに返事され

ました(笑)

「家族同然」って思ってもらえるのって、わんこにとって

幸せな言葉やね~

順調です♪

ここ最近は調子良く、眼をぶつけないか心配するんですが、足を痛めたのが嘘のように走り回って遊びます。

先日は眼科の診察日。


クンクンが激しく、相方がなでなで行い少し落ち着きます。



眼はレンズのズレもなく、眼圧も正常で視野も大丈夫と!
手術してないほうの左眼は角度によって濁りの違いはあるけども、大きな変化はないようです。
調子いいので、右眼の目薬1種類が1日3回から2回に減らしましょうと言われ、次の診察も3月頃でいいですよと、期間も伸びました(^^)v

特にクリスマスのイベントは行っていませんが、順調ということが何よりもうれしいクリスマスプレゼントです♪


翌日は予報通りの雪で、いつものこの時期の景色になりました。


久々に降り視界が悪いため散歩コースを変えようと説明しますが、ややふてくされ気味なエルでした。


ぼちぼちいきましょう。
また、色々お出かけしような♪

ほんまに~(白内障術後3か月後)

雪国なのに暑いエルちゃん地方。
あたしはまさかの胃腸炎で、相方は熱中症疑惑になりましたが、エルちゃんが家族の中で一番元気です♪

最近のお気に入りは、500mlのペットボトル。
「これで遊んでるけど、いいの?」といけないと分かっていながら、かまってアピールです。


何かおっさん顔やわ(^_^;)



元気なのは何よりですが、最近の驚きはこの脱毛。
8月というのに…
涼しくなる頃に脱毛終わるんちゃうかな?


やはり、術後1ヶ月は散歩も行かれへんかったし、なんだかんだ言っても体調が戻るのに時間かかるんかな?
体重も30㎏やったのが、ステロイドを飲んでたこともあって今は28㎏です。
減り具合は想定内で、先生からも「このままの体重になることもあるし、戻ることもある」と。
まだ30分程度の散歩やから、足の負担考えるとちょうどええのかも。



今日は1ヶ月振りの診察日。
レンズの透明度もあって、経過良好です(^^ゞ
術後3ヶ月はブドウ膜炎に気をつけなくてはいけないようで、まずはひと安心です。
目薬は二種類継続で、手術してない左眼の白内障も進行ありませんでした。
場所によって、進行しにくいってのがあるんですね。

今日も病院で落ち着きなかったエルちゃん。
他の仔が呼ばれても、反応します。
病院大好きで、診察も喜んで行きますよ。



遊び足りなさそうやね。


また、色々遊びに行こうな♪

術後1か月半後(白内障術後)

エルちゃん地方では、これが出回るようになりました♪



有名な「佐藤錦のさくらんぼ」でございます!
ありがたいことに、職場の方からいただきました♪
お腹壊すと悪いので、エルにはちょっとだけ。



先月の終わりには術後5回目の診察を受けてきました。
「経過は順調」ということで、予定では次回の診察は2週間後やったのですが、「3週間後でいいですよ。カラーも外していいです。」と許可が出ました♪
散歩も30分程度、1日2回はOK。
しかも、目薬も3種類から2種類に減りましたよ(^^)v

ただ、ありがたいことに見えるようになったためか、動きが若返りまして家の中ではラッパがあらゆるとこに当たる当たる(^_^;)
術前は「元気ないな~」と思うところもありましたが、今考えると片眼で生活していたんやろうな。

老化は筋力の低下だけでなく、眼からくるのもあるのかも…とちょっと思ったのでありました。

先生は「心配やったら、夜とか留守中はしててもいいですよ」という話しやったので、引き続きラッパ生活にしてます。
余裕あるときは外し、徐々に慣らしてる最中です。

外したラッパをチェック中。


親友ドギーを振り回し



疲れて



相方に甘え




ラッパ姿で違和感なく、おねんねするのでありました。


元気になりましたが、術後合併症の緑内障は半年は様子見ていなくてはいけないようです。
ぼちぼち、いきましょ♪