TOP ≫ CATEGORY ≫ 犬との暮らし

シニアの時期

最近のエルちゃん地方の最低気温は6~7℃の世界。

通常の勤務の時の散歩は、遅くても6時出発!

寒さがこたえます…。

 

 

若かった頃は5時でも元気いっぱいでしたが、朝も暗く

寒いせいか、ここ数日はテンションがいまいちのエル

ちゃん。

 

 

 

今日は休みやったので、いつもより遅い出発の朝散歩。

気温も15~16℃くらいで、いつもより暖かい!

エルもやる気マンマンの歩きっぷりです!

 

日々に服を着ず、裸族やと変な感じしますね~

 

 

シニアになると、朝が弱くなったり、寒さに気をつけ

ないと…という話は聞いていました。

 

 

年配の患者さんも寒がったりして、体温調整がきかなく

なりますもんね~

 

 

人もわんこも年をとると、色んな変化が出てくるもん。

悲しいことばかりではなく、シニアの時期ってある意味

今までたくさんの楽しみや幸せをくれた仔に対して、

ゆっくり向き合い恩返しできる時間なのかな~と思い

ます。大事にしていきたいものですね。

年下でありながら、年上

親戚に10歳になるパピヨンのミックスちゃんがいます。

人年齢にすると、50代!(写真、撮り忘れた!)

 

 

うちの、9歳のエルちゃん。

 

人年齢にすると、70代!

 

 

パピヨンちゃんの動きを見てると、「2年前はこんな

感じやったかも…」としみじみ。

 

1歳年下やけど、大型犬と小・中型犬では年の取り方

のスピードはこんなに違うのか~と実感(T_T)

エルとの時間、大事にせなあかん!と改めて思ったので

ありました。

 

 

ただ、共通してるのは

・可愛い顔してるけど、貫禄のある落ち着いた雰囲気

 ( ´艸`)

 

 

お互い急がんとゆっくり年取って、楽しいシニア生活

を送ろうね♪

 

周りはいつの間にか、稲刈り完了してます。

絆は時間をかけて育てていくものかも…

エルとは1歳半から付き合いで、約8年程になります。

 

  

ここ最近、ほんまに悪さは少なくなり、ちょっと台所

をうろうろ物色する程度。

「こら!」と言うと、「バレたか~」という顔をして

移動します(笑)

 

 

 

先日、大阪に1週間ほど帰省からは、すっかり甘えん坊

になり相方には「撫でて」アピールし、どや顔。

 

 

土佐犬並みのたるみ…。

相方からの首の撫で撫ではお好きなようです。

 

 

こんだけ長く一緒に暮らしていると、表情や行動で

何を訴えているのかわかるようになってきますし、

エルもあたしらの行動を見て「今は○○するんや」

「これは大丈夫」など判断ついてきてるようです。

 

 

色々わんこについて調べ、エルの気持ちはどうなのか?

と常に問いかけてきました。

家の中、フリーにして色々なものをエルは知ったし、

ストレスも少なくなったんでしょう…。

 

 

お互い、ここにきてやっと分かり合えてきたのかもし

れません。

 

 

相方は「やっと落ち着いた…と思ったら、9歳だもんな」

と、寂しげ…。

 

 

人も分かり合えるまで時間がかかるけど、わんこと分か

りあえるのも同じように時間が必要。

 

 

先輩わんこママさんから以前いただいた言葉。

「絆が深まる頃やね~」

今、ほんまに実感してます♪

 

 

手軽に早く!を求めがちの世の中やけど、ぼちぼち時間

をかけて関係を育てていくっていう気持ちで楽しむこと

も悪くないかもね。

 

撫で撫でをやめると、「もっと!」とアピールする

エルちゃん(*^_^*)

老化を遅らせることだけが幸せでしょうか?

レトリバーやシニアネタにはついつい反応してしまい、

先日「レトリバー」をゲット♪

 

 

レトリバーの先輩方々からの若さの秘訣の話や、

病気やアンチエイジングなど興味のある内容でした。

 

 

5歳頃からシニアを意識して備えてきたけども、時に

は「これでいいのか?」という不安や、エルをいつか

は失うという恐怖もありました。

 

皆さんが試行錯誤して色々されている事を知り、エル

と向き合い理解するように努めて、おかげさまで変わり

ない毎日を過ごせています。

 

 

人は漠然とした将来に不安を持つけど、この何があるか

わからない世の中。

そんな不安よりも、毎日をいかに大事にしていくか?

楽しい思い出を…ということを考える方がいいですよね。

 

 

 

今日の散歩コースは、最近行かなかった以前歩いた

農道をエル自身が選んで歩きました。

楽しかった記憶があるのか、勢いよく歩きます!

楽しい記憶、もっと増やしたいです。

 

エルにとって上手に年を取らせるのは、エルを日々

楽しく過ごせる事を一番に考える事。

そのためには、日々観察してエルの気持ちを大事に

しつつ食事の管理も♪

レトリバーにも、「愛犬のカラダの健康と心の充足」

のバランスを書いていました!

 

まさに、トータルで見るホリスティックケアが大事

ということなんでしょうね♪

心配するよりも、何が出来るか考えよう!

最近、散歩の足取りが「ノソノソ」とやや鈍ってい

ます。

満月が近いせいもあって、調子が違うのか?

 

それでも、散歩行く気マンマン!

脚のことを考えて「そろそろ、ええんちゃう?」って

いうけど、時にはストライキも(^_^;)

「しゃーないな~」とエルに合わせて散歩につきあう

と、嬉しそうに歩くエルちゃん。

 

 

 

 

看護や介護などでは、「手伝う」ではなく「自立支援」

という言い方があるのですが、シニアわんこにも当て

はまる言葉じゃないでしょうか?

心配して過保護になりがちやけど制限するばかりでは

なく、その仔の持つ力や思いを大事に出来ることは

してもらわないとやる気を損なう恐れも…。

エルはプライド高い面もあるしね~ σ(^_^;

 

散歩後、満足してお昼寝中!

犬は思ってる以上に考えて行動します

昨年の11月あたりからほぼ毎晩この階段を上がって、

あたしのベッドに上がって寝に来ます。

 

 

当初は、将来的にお互いのアレルギーの出現やペット

ロスを考えて一緒に寝るのを反対してた相方。

毎晩上がれるうちは一緒にいたいということ、綺麗に

しておくことを条件に、今に至ります。

 

こんだけの階段。

ある意味、トレーニングみたいなもんです。

 

 

今日の散歩も、勢いは良いです!

 

 

 

 

そんなエルちゃんも段差がつらいのか、リビングの

段差は慎重です。

 

 

これじゃ、高いもんね~

昔はヒョイと上がってきましたが…

 

 

今じゃ…

 

ウオーキングマシーンの床を踏み台にして、こっち

から昇ってきます!

教えた訳じゃないのに、エルなりに考えたんやろうね。

 

でも、うちらがケーキなど食べてる時は、躊躇なく

どこからでも突然登場します(笑)

 

 

中には「うちの犬はバカで…」っていう人いますが、

どこを見て言ってるんやろう?

人と同じように犬と向き合い、わかるように教えた

り、どういう気持ちやろ?って考えないんやろか?

 

 

わんこって、思ってるより見て考えて行動してるん

やろうね。

ラブラドールの不服申し立ては、坊さんが屁をこいた状態

ラブラドールは食いしん坊です!

朝ご飯食べたのにも関わらず、「もっと」と訴えて

きます。

 

 

しまいには、冷蔵庫を見つめるし…。

 

太ると脚を痛めるので、この訴えを何とか乗り切って

コントロールしなくてはいけません。

 

 

特に、大型犬は脚を痛めると弱ってしまうので、

気をつけてます。

 

 

何か、「坊さんが屁をこいた」状態で、どんどん近づ

いてきてますやん!

 

「坊さんが屁をこいた」=「だるまさんが転んだ」

です。

坊さん~は、関西バージョンらしいです…(^_^;)

シニアにとって環境の変化は、えらい事件らしい…

普段、帰省しても2泊程度やったのが今回は実家に

8日間の帰省。

エルとこんなに離れたのは、初めてです。

 

 

離れて2日目で自分のベッドで寝ることなく、相方が

2階に行くと同じようについて行くエルだったそうです。

 

相方からのラインで送ってきた写真。

あたしのベッドが乗っ取られてるし( ̄0 ̄)

 

寝ていても、相方が動くとエルも起きて動く状態で

えらい繊細になっていたみたい。

 

 

あたしが帰ってきてからも、ストーカー状態です。

新聞見てんのに…

見られへんねんけど…

 

 

人の場合も、年配になると環境の変化に戸惑い混乱

する方がいます。

エルちゃんは人年齢にすると、70歳。

人と同じように考えると、このような状態も納得でき

ますね。

 

 

昨年は相方が3週間近く入院した際は悪さをしていた

のですが、1年後の今はえらい甘えん坊に…。

年をとると、寂しさや不安があるんでしょうね。

 

 

シニアと暮らす方々が「シニア最高!」っていうのが

少しわかったような気がしますね。

家族との楽しい時間、わんこが一番望んでいることかもしれないね~

ここ最近は仕事で忙しく、エルちゃんとの時間が

減っていました。

9歳にもなればあたしらの動きでお察しするようで、

掃除機かける時や何かしていると邪魔にならない場所

に移動します。

家政婦のようにうちらの動きを見て、「今は相手して

もらえない…」というのがわかるんでしょうね~

掃除機終わると、立ち上がって「終わりました?」

みたいに寄ってきます。

 

 

 

白内障になったり、シニアの年齢を迎えてから、エル

の寿命を意識する事も増えてきました。

エルを中心にし過ぎて、後々大変になる事も考えたり

適度に趣味も…と正直思うこともあります。

ただ、若かりし頃の時間を無駄にしてしまった後悔が

後悔が大きいので、後悔しないように!という思いで

今に至ります。

 

そんな考えを相方にも話をして、エルとの時間は大事

に…と言っています。

 

 

先日、珍しく相方がエルとたわむれ、テンションMAX

のエル(写真、ブレブレやし…)

甘える時、こんな感じなんです。

普段、我慢して待っててくれる分、歓迎はスゴイです!

 

 

 

 

昔、相方が買った帽子。

使う前にボロボロにしたので、今はエルのおもちゃに

なりました♪

こうやって、また遊びに誘ってきます!

表情もイキイキして、子どものようです。

 

 

おやつやご飯が足りないとキレるエルですが、こう

やって家族で過ごす時間が「ご褒美」であり、「一番

彼女が望む」事でもあるのかもしれませんね。

 

忙しくて構えない時もあって、ごめんね…。

 

 

人より短い犬生、癒やしをもらうばかりでなく、エル

にたくさん喜ぶ事をしてあげたいものです。

 

 

若い時の困ったいたずら、シニアになればいい思い出に

世間では、「ラブラドールは賢くて大人しい」というイメージ
をもっておられる方もいるようですが、若かりし頃はとんでも
なく破天荒です!


賢いがゆえに、かまってほしくて数々の武勇伝をやらかして
くれます。

6年前、日中フリーにしてみたところ、えらいことに!
発見したあたしが、ツッコミを入れたところ、自ら反省?
の様子で、うなだれています(笑)
blog_import_4ea6226692463.jpg



ペンが、無残な姿・・・。
blog_import_4ea62268c1093.jpg



気にいってた、コースターも・・・。
DSCF2241_convert_20130315154925.jpg



あたしが忙しくて相手しなかった時、あたしがよく使っていた
引き出しを、なぜかうまく開いて荒らして気を引く・・・
みたいなことも。
fc2_2015-09-02_13-02-05-571.jpg


しまいには、腹が減って台所もやらかす事件もありました。
20161101213500141.jpg



相方の靴が、なぜかリビングに。

20161101213605039.jpg




当時は「何でこんなことばっかり!」と数々のいたずらに
対して、一時育犬ノイローゼにもなりました。
「何で言うこと聞かないのか?」
「ごはんもあげて、色々世話してるのに!」って・・・。


「何か変なもの食べて何かあったら」
「破壊されて、きりがない!」
ということで、昔は寝るスペースもリビングの一角をこの
ようにスペースを確保していたのです。
寝るときには「ハウス」と誘導しますが、嫌がってストライキ
することも(笑)
相方が言うと、しぶしぶハウスに入ったものです。

20131222_170731.jpg



今となっては、いいのか悪いのか、このようないたずらは
しなくなりました。
いたずらに気づかないふりしてると、やめるんです(笑)


フリーにするようになってから、色々やるだけやって気が
済んだのか、知りつくしたのか・・・。
あたしらの行動は、エルに理解されてしまっているのか?
変なものでいたずらがなくなると、さみしくなるんですよね。
「調子悪いのかな?」
「年取ったからかな?」って悪いほうに考えてしまうみたいな!


エルによく話しかけたり、マッサージでのスキンシップや
散歩時間は当時より増えています。
自分中心から、エルを理解しようとするのに変わったのが
大きいのかな。



日々のいたずらで育犬ノイローゼになる方もおられると思い
ますが、それはワンコなりに理由があってのこと。
  元気があってパワーが有り余ってる?
  かまってもらえなくて、さみしい?
  ご飯がたりない?
  犬種の特性を理解して、対応していますか?



若かりし頃の破天荒さ、シニアになると愛おしくて懐かしく
いい思い出になるものです。