FC2ブログ

ありがとうございました!

日々のエル姉さんや、病気の発覚や旅立ち…


そして、旅立ってからのエルロス…


このブログは、エル姉さんとの日々の記録でも
あり、エル姉さんあってのブログでした。





今は姿・形がないエル姉さん…。

でも、今は常にそばで見守ってくれて、今まで
とは違うエル姉さんとの新たな関係の始まりで
もあります。


・エル姉さんと過ごした日々を大事にしたい事

・一区切りつけて、一歩前進するため


という思いから、本日でこちらのブログは失礼
させてもらおうと思います。



そして、皆さんから色々支えていただいた分、
エル姉さんからの学びを他のワンコに役立てて
いただければ…という思いで、別のブログに移
行します。
→「大型犬シニア生活アドバイザー&現役看護師のMiyuki



今まで見守ってくださり、ありがとうございま
した。




Comments (-)Trackbacks (-) | 大型犬シニア生活

我が仔にたくさん話しかけて、一緒に過ごす時間を楽しもう♪

「ラブラドールにたくさん話しかけると、言葉
をたくさん覚えますよ~」


あるブログで、この事を知ってから、エル姉さ
んにたくさん話しかけて過ごした日々。


エル姉さんが旅立ってから、寂しく悲しかった
けれど、先日受けたchieさんのアニマルコミュ
ニケーション。


エル姉さんの思いを聞く事ができ、改めてエル
姉さんにたくさん話しかけ、一緒に過ごす時間
を大事にして、楽しめて良かったなぁと思いま
した。




chieさんのアニマルコミュニケーションで、エ
ル姉さんが


「キラキラした光がさしこんだら、それは私
 エルだよ!」


「体はなくてもね、光がキラキラさせているか
 らママ気づいてね」



キラキラのキーワードは…?に対して

「パパとママならわかる!」


と話したようです。




キラキラのキーワードは「海?」と思ったけれ
ど、我が家から海はそんなしょっちゅう行けな
い場所…


それじゃ、いつもエル姉さんを感じれない…

でも、いつもなんとなくそばにいる感じは受け
るんやけど…



と思い、「キラキラ」と「そばにいる」につい
て、改めて質問しました。





エル姉さんからの答えは


砂浜で歩いていて、太陽が(光が)海に反射して
ママが「キラキラしてきれい!」と言ったら
パパが「キラキラはエルだよー」って言ってく
れたの。
だからね、エルはキラキラなんだよ!

エルはキラキラした女子なのよ!


って答えてくれたようです(笑)


キラキラ女子のエル姉さん♪





そして、海だけではなく、自然界のキラキラ。
これもきれいと思った時も…と。


あたしがジュエリーではなく、普段散歩中目に
する自然の景色が好きな事…。
ちゃんとお見通しで、そういうものを見ている
時のあたしは、心が安らげると話したそう…。


そして、「だから、エルもキラキラだから、マ
マはエルといると心が安らぐの。
いまは一緒にいれないけどママがキラキラして
きれい~と思った時そばにエルはいるよ」と話
してくれたのです。




「そばにいる」については


「時々一緒にいて、しっぽで風をおくるの」

「パパはねどんかんだからわからないかな」


と言っていたそう(笑)



あたしがエル姉さんに気づいた時は、すぐかく
れるそうで「かくれんぼしてるみたいでしょ」
と…。


よく、ふたりでかくれんぼして遊んだもんね♪



そして、最後には



「さみしくなんかないよ
 だって、一緒にいるでしょ
 体がないからさみしいと思うのは人間だけ
 だよ!
 それに、ママは私のことを感じてくれてる
 もん♪
 ママ またね!」


と話して終わってます(笑)


いつまでも、かわいいエル姉さんやね~





日頃、たくさん話しかけて、できる限り一緒に
過ごす事を心がけてきました。
そんな中、何気ない言葉や行動、全て受け入れ
てくれていたエル姉さん…。



文句を言うことなく、思ってる以上にうちらに
対して優しい思いとともに、深い愛情を持って
くれている事を知りました。



強くて、明るく優しく、そして可愛らしいエル
姉さん。


そんなエル姉さんとたくさん話して、一緒に過
ごす時間を楽しめて、幸せでした。





ワンコは予想以上に飼い主を思い、ホンマに愛
情深いです…。



そんな我が仔に対して、どうか皆さん我が仔に
たくさん話しかけて、一緒に過ごす時間を大切
にしてくださいね♪





Comments (-)Trackbacks (-) | ペットロス(エルロス)

昔は大変やったけど、今では愛おしいものは…

昔は色んな所から登場した、エル姉さんの抜け
毛!

日々、コロコロかけて大変やったけど…





今となっては、そんな抜け毛が登場するたび、
愛おしく感じるものです…


Comments (-)Trackbacks (-) | ペットロス(エルロス)

湧き出てくる後悔はどうでも良くて、暖かく幸せな気持ちにさせてくれた、初めてのアニマルコミュニケーション

エル姉さんと過ごす中、時には


「話せたらなぁ~」


と思う事があり、以前からアニマルコミュニケ
ーションに興味がありました。


しかし、その反面、エル姉さんから何を言われ
るのか?と思いを聞く勇気がなく、行動には至
りませんでした。


そんな中、今回たまたま見つけたchieさんの無
料アニマルコミュニケーション。
(今は募集終了)


勇気を出してお願いした事で、


・自分が悔やんでる事は、どうでもいい事

・「これで良かったんや…」


と、暖かく幸せな気持ちにさせてくれるもので
した。




旅立った時は、やれるべき事はやったという
思いだったのが、次第に…


・若かりし頃のエル姉さんと、向き合えてなか
 った後悔

・身体を考えて、食べ過ぎないよう管理を厳し
 くして、我慢させた後悔

・他の方々のように、毎回手作り食まで至らな
 かった後悔

・うちの仔でなければ、もっと元気に長生きさ
 せる事ができたんじゃないか?

・エル姉さんの隣で仮眠とってる間、ひとりで
 旅立たせてしまった後悔


これらの後悔が、湧き出てきていました。



だから、エル姉さんからは

・もっと一緒にいたかったし、遊びたかった

・あんたらばっかり、美味しいもん食べて…
 もっと色んなもん食べたかったわ~

・見守っていて欲しかった…

と言われると思ってました…




そんな予想に反して、今回のアニマルコミュニ
ケーションでは…

・パパとママが悪いわけではないの
 これは、身体のことなの。何が原因でこうな
 ってしまったのか?と考える事ではないの
 (大一声)
 
・いろいろと手をつくしても、身体は永遠で
 はない
 だからこそ、今この時を大切にしなくちゃい
 けない

・私はパパとママの間で自分の一生を楽しく、
 そして2人に大切にしてきてもらってきたの

・病気は辛かったけど、いつもママもパパも私
 のそばにいてくれた。でも、辛かったけど、
 長くなかったから良かったの

・ママはあの時、身体がボロボロに疲れていた
 の。私がね、魔法かけたの
 ママ、ゆっくり休んでって!


暖かく、優しいメッセージの数々…

もう、涙が溢れて仕方ない…



自分が思った以上に、エル姉さんを幸せに過ご
させる事ができて、自分が思ってた後悔なんか
どうでもいい事なんや…と知りました。


出来ないながらも、出来る範囲でやってきた事
は十分エル姉さんに伝わってたんですね…



そして、あたしが頭で色々考え過ぎてしまう事
も、ちゃんとお見通し!


さすが、エル姉さんやね…





周りと比べて至らない自分を責めたり、「何か
してあげよう!」と意気込むよりも…


「いろいろと手をつくしても、身体は永遠では
 ない
 だからこそ、今この時を大切にしなくちゃい
 けない」


というエル姉さんからの言葉、響きました…。


今年は、エル姉さんがいない初めての冬を迎え
ますが、今回のメッセージで暖かく幸せな気持
ちで、乗り越えられそうです♪




色んな方々がされてる、アニマルコミュニケー
ション。


その中で、偶然見つけたchieさんの無料アニマ
ルコミュニケーション(今は募集終了)


エル姉さんからの思いだけでなく、日々のエピ
ソードまでお話が出てきて、懐かしく嬉しい内
容でした♪


今回は、エル姉さんがあたしにお話ししたかっ
たそうなので、偶然ではなく必然やったんかも
(笑)


chieさん、今回のアニマルコミュニケーション
で自分自身一区切りつき、もう一歩前進できそ
うです。

今回は、本当にありがとうございました!



Comments (-)Trackbacks (-) | ペットロス(エルロス)

親友ドギーの身を案じるエル姉さん(笑)

エル姉さんお気に入りのドギーさん。




時にはストレスもたまりイラッとされるのか、
中の綿を出してしまう事も…
その度に手術をしていました。




新・旧ドギーさんの比較(笑)




昨年の今頃の写真を見ると、手術されるドギー
さんの身を案じていたエル姉さん。

心配してるのか、ちゃんと大人しく待ってくれ
ていました(笑)




手術が終わってエル姉さんに渡すと、喜んで
遊び…




安心して、お休みになられていました(笑)

そんなエル姉さん、可愛かったなぁ~


Comments (-)Trackbacks (-) | ペットロス(エルロス)

蕎麦も薬膳!身体にええ食べ物があるエル姉さん地方に移住して、色々思う事

地方は何もない!と言うけれど、エル姉さん地
方では新そばが食べれます♪


本日は蕎麦が食べたくなり「七兵衛さん」へ

ここは蕎麦が美味しく、蕎麦の太さの違いがあ
り、手づくり感があるなぁ~という印象のお蕎
麦屋さん。

白いのは、大根のしぼり汁。
ここに、つゆを入れて食べます。


店は山奥の方(食べ放題)と、山奥じゃない方と
ありまして、今回伺ったのは山奥じゃない方。
こちらでは、天ざるそばが食べれます♪




おかずに、黒木耳とわらびの一本漬けがついて
きました♪

これが、また美味しい!




エル姉さんも好きだった、蕎麦。


蕎麦も薬膳で、血圧を下げたり抗酸化作用も
あり、気を巡らせてくれますよ~


ただし、食べ物の性質的に身体を冷やしてしま
うので、そこは注意!

なので、食後には「そば湯」を必ず飲みます♪



そして、黒木耳は、「血液に栄養を与えてくれ
ます」


血虚(血の不足)のあたしに、ピッタリやん♪



地方で何もない!というのをよく聞くけれど、
あたしにとっては食べ物の自然な素材を楽しめ
る、エル姉さん地方…。


新そばの存在は、エル姉さん地方に来てから知
りました(笑)


へんな話、そば湯でも県内と県外で味が違うと
感じるので、美味しいもんが普通に県内で味わ
えるのは、すごい財産あるやん!と思っていま
す。


そんな美味しい素材の食べ物を、薬膳を利用し
ながらエル姉さんに食べてもらえたのは、ホン
マに良かったなぁ…と。




あたしは、エル姉さん地方に移住してからアト
ピー体質が改善し、エル姉さんも色んな食材を
食べる事で毛並みはきれいで、体臭も変わりま
した。



食べ物が身体をつくる!って言うのは、まんざ
ら嘘じゃなくて、日頃の食べ物は大事やなぁ…
と。



あれこれ求めるよりも、美味しい素材を味わい
ながら、食材の作用や昔ながらの養生…

そんな基本、今後も大事にしていきたいと思い
ます。




Comments (-)Trackbacks (-) | 田舎暮らし

こういう事するから、ラブラドールとの暮らしはおもろい(笑)

寒くなると、当たり前のようにファンヒーター
前を乗っ取り…




そして、マッサージを要求するエル姉さん!


ラブラドールのこういう人間ぽい所、好きやわ~(笑)


Comments (-)Trackbacks (-) | ペットロス(エルロス)

冷え対策をプロに相談してみることで、腑に落ちた話

東洋医学的に、エル姉さんは「お血」「血虛」
体質。
あたしは以前から「お血」体質で、そのうち筋
腫ができ、また新たな筋腫発覚したあたし…。



思ったよりも早くに、エル姉さんを旅立たせて
しまった事の後悔や、今のあたしは平熱が低く
なり(35.6℃)、未病の状態…


・継続が足りないのか?やり方が間違ってるの
 か?
・わかったつもりで色々対策をしても、結果が
 伴わないということは、何か違うんやろう…
・今、できる対策をせんとあかんやろうなぁ…



そんな事から、自身の冷え対策と、エル姉さん
に活かしきれていなかったケアの振り返りがて
らプロに相談してみる事で、色んな事が腑に落
ちました。




冷え対策で、食材に気をつけたり温活をしてい
たけれども、冷えは改善までに至らない状態。

自分の持ってる知識では限界があると判断し、
土屋薬局さん」に今回、お世話になりました。



話しやすい雰囲気の中、問診や舌を診てもら
い、体質をチェック。



その結果…



ひどくはないけども、「血虛」「お血」だと…
そして、「血虛」があると「お血」につながる
事を改めて知りました!




毎年の職員検診では貧血じゃないけれど、体質
的には出てるやん…。

原因があって、症状が出るんやね。

そら、温めるだけじゃ追いつかないんやなぁ…
と納得です。




エル姉さんも脂肪腫が出来やすかったから、
同じように血の不足からお血につながったんか
もしれんね…




何かあったら病院へ行くけども、検査では出な
い微妙な変化は、様子を見てしまいがち。


日頃から自身の身体の状態を知る事で、病院に
行く前にできる事は色々あるんやなぁ…と改め
て実感。


長年使っている自身の身体。
病院任せじゃなく、自分自身向き合って小さな
サインを見逃さず

体質改善や日頃の食事、運動など今できる事…


大事にしたいものですね。




ということで体質に合わせた漢方も使いながら
今後自身の身体でどのように体質が変化するの
か?様子を見てみようかと思います♪
婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)





























Comments (-)Trackbacks (-) | 薬膳、東洋医学

初めは義務だった散歩。今は、かけがえのない宝物の時間です

若かりし頃は散歩が少なかったがために、数々
の武勇伝があったエル姉さん。








ある時から



「外に出る機会少なかったら、そらストレスた
 まるわな…」



「動かんと、筋力落ちてまう…」



と思うようになり、雨以外は



夜勤明けでも…

雪が降っても…



「たまに休みたいなぁ…」と思いながらも、義
務的から始まったエル姉さん散歩。


そんなきっかけやったけど、毎日少しずつ積み
重ねていく事で、エル姉さんとの朝散歩時間は
今となってはかけがえのない宝物です。




あたしがこっち行こう!と声掛けてもエル姉さ
んは、「あたしはこっちがいいです!」という
こだわりを知ったり…




朝散歩への意欲や歩き具合で、その日の体調を
知る事ができたり…




時には、エル姉さんにたくさん話しかけ、会話
してるような感覚もありました。
あたしの気のせいかもしらんけど…(笑)




そんな日々を重ねていくうち


「エル姉さんも、人と同じように意思表示をす
 るんやから、ちゃんと話して向き合わなあか
 んなぁ…」と。


そして、朝散歩はいつの間にか義務的ではなく
当たり前であり、ふたりだけの貴重な時間に変
わっていったのです。




エル姉さんが旅立ってからも、ひとり朝散歩を
続けており


「あれ?ワンコは?」


と色んな方々が声をかけてくれます。


知らない間に、エル姉さんは色んな方々から愛
されていたんやなぁ…と知りました。



最近は、インフルエンザでひとり朝散歩を一時
中断していましたが、昨日より再開。


たまに、エル姉さんに会いたくて仕方がなかっ
たんですが、エル姉さんに問いかけながら散歩
コースを歩くと、エル姉さんとの思い出がリア
ルによみがえります。


姿・形はないけれど、たくさんの思い出という
宝物をエル姉さんからもらっているなぁ…と不
思議と気持ちが落ち着いたのです。




初めは義務感から始まった朝散歩。


エル姉さんをたくさん知る事ができ、お互い気
持ちをわかり合えるようになるきっかけとなり
ました。

そして、姿・形がない今もエル姉さんに助けて
もらっています。


大変ながらも、続けていて良かったなぁ…とい
う思いと、宝物の時間をありがとうという感謝
しかありません。




毎日、仕事や色んな事で忙しい日々やけど、
我が仔との時間は思ってるよりも短いもの…。


完璧じゃなくてもええんで、どうかできる範囲
で我が仔の思いを聴き、向き合う時間を作って
ください。

そして、後悔しないように、どうか1日1日を大
切にしてくださいね…




<追記>

今日、たまたま入ったホームセンターのペット
ショップをのぞいたら、珍しくイエローのラブ
ラドールを発見!

人懐っこく、店員さんが通るとガン見(笑)
日頃散歩してくれてる店員さんに、要求吠え。



店員さんは「毎日、1時間の散歩です。大変で
すよ…」と。

思わず「ラブやし遊びたい盛りやから、足りな
いんでしょうね」と言ってしまった…
人の事、言われへんのにね(笑)


「エル姉さんに会いたい!」って言ってたから
今日のラブラドールとの出会いは、エル姉さん
の計らいかな?


迎える覚悟がまだないので、どうかいい家族に
巡り合えますように…と願うしか、できなかっ
たエル家でした。


Comments (-)Trackbacks (-) | ペットロス(エルロス)

温活はやっぱり大事やなぁ…と感じた話

「冷えは万病のもと」とよく聞きませんか?



東洋医学的には今は冬の養生が大事な時期であ
り、「腎」のケアを…とよく言われています。



エル姉さんには温活を!という事で、腰を温め
たり冷えない対策をやっていましたが、先日自
分が人生初のインフルエンザに罹り、改めて温
活の大切さを実感しました。




毎年、インフルエンザが流行る前に職場で予防
接種をしてます。
その際に体温を測るのですが、今年は35.4℃!

普段は36.4℃くらいあるはずやのに、「汗かい
てたせいかな?」と軽く考え、予防接種しまし
た。


その2週間後、まさかのインフルエンザに!
過去記事「人生初のインフルエンザに罹り…


幸いにも熱はすぐ下がったのですが、下がって
からも35.4~35.6℃…


「うわ~ めっちゃ低すぎるやん。そら、免疫
も落ちて、インフルエンザにもかかるわ…」と
改めて思ったのです。


今回仕事を休む事で、数カ月続いていた今まで
の何とも言えない疲れが取れました。

身体が冷える事から身体のバランスが崩れ、体
調を壊すんやなぁ…と。

気合じゃなく、飼い主自身も日頃からのサイン
やケアを大事にせなあかんな…と改めて実感し
たのです。年とったせいかな?(笑)




東洋医学的には気・血・水のバランスが乱れる
ことにより、病気の原因になると考えられてい
ます。

中でも、「気」「腎」は免疫力にも関わってお
り、免疫細胞が働きやすくなるように、腰を温
めて血流を良くしてあげるといいと言われてい
ます。


という事で、エル姉さんには以下の温活をして
いました。


腹巻き



寒さ対策に服を着せる





温かい布団



腰を温めたり



血流が良くなるよう、マッサージ





お灸



季節別養生を意識した食材のトッピング



腹巻きはあたし自身も活用していましたが、エ
ル姉さんにしてたケアを、もっと自分にも活か
さなあかんね。



我が仔と一緒に元気に過ごす為に、飼い主も温
活大事ですよ~

ホンマに…


<追記>

体温上げるのに、ただ今


・朝に白湯
・お血(血の停滞)対策


実践中♪




Comments (-)Trackbacks (-) | 薬膳、東洋医学

百か日は「卒哭(そつこう)忌」と言うけれど…

今日はエル姉さんの百か日。


改めて百か日を調べると、「卒哭(そつこう)
忌」と言われ、「哭」の漢字には声を上げて
泣く、「卒」はそれが終わるの意味であると…。

→悲しみに泣きくれることをやめる日であるこ
 とも意味するらしい…


そうは言っても実際は、まだまだ悲しみは減ら
ないもの。


ペットロスというものを色々知っていく中で、
経験しないとわからんもんやなぁと最近色々思
います。




だって、自分の大事な家族が旅立つと悲しいの
は当たり前やん?


自然な感情を押し殺すのは、より一層辛いんち
ゃう?


我慢や耐える事が美徳としているけど、そんな
に人は完璧じゃない…


本当は失う事が多い世の中やけど、実際得るも
のばかりに目が行きがちで、失うという事に慣
れていないもの…




まだまだ知られていないペットロス…。
悲嘆にはいくつかの局面があります。

今は家族同然のペット。

話せないけど、通じるものがあって、人とは
違う安心感を与えてくれています。

それゆえに、我が仔と居て得たものは大きく、
その喪失を考える事は大事であると知り、まだ
まだ引きずる自分の状態が腑に落ちました。





しかし、家族と別れてしまっても自分の思いと
は関係なく時間は流れていく…


自分の中で、どう折り合いをつけるか?
自分で答えを見つける事が一番の近道なんやろ
うなぁ…

と思う。


こう思うようになったのも、自分がエルロスに
なり自分で体験したから思う事…





一般的に言われている事は、全て自分にとって
正解ではない…。
無理して自分に当てはめ、減らそうと努力した
り、周りが急かしたりするのは


「何か、違うよな…」

「色んな過程があるから、見守る事だけでも
 ええんちゃう?」


って思います。


悲しみをいつまでも引きずるのはあかんやろう
けど、大切な家族を失ったんやから当たり前の
経過。



ええ人にならんでも、ええ…。

泣いて泥臭くてもええ…。

答えはひとつじゃないし、みんな同じじゃない。

ぼちぼちでええやん…。




「そんな考え方もあるよね…」と認め合う事、
自然の感情や経過を押し殺す事なく素直にペッ
トロスを語れる場が作れたらなぁ…と思う今日
この頃です。


Comments (-)Trackbacks (-) | ペットロス(エルロス)

急に湧き出てくる後悔を、恩返しに活かす…

エル姉さんからの学びを振り返ったり、気にな
る本を読む時間ができ、最近余裕が出てきたけ
れど、急に湧き出てくる後悔の数々。


「まだまだ、やなぁ~」


と思いながらも、今までと違った世界に触れる
事で何となく前に進んでるかな?


と思えるようになってきてます。





その時その時で、悩んで考え抜いた上でエル姉
さんにとって、納得できる答えを出して動いた
つもり…


今思えば、昨年の秋頃からの


・何気ない変化

・今まで見られなかった小さな変化


対処してきたつもりでも、追いついてなかった…


この時、もっとツッコんで対処していれば、今
年も一緒に過ごせ、来年も誕生日を迎える事が
できたんじゃないか?


そんな事思っても、もうエル姉さんが戻ってく
る事はない…

 
たとえ、対処しようと思っても、抗がん剤だけ
はしないというのは確かだったんやけど


ついつい、色々思ってしまう…。




しかし、最近は、辻惠子さんが老犬ホームの事
を綴った「ハーネスを外して」という本を読ん
だり…

ZOOMでグリーフケア入門講座(ペットロス)に
ついてお試し講座を受けたり…


今までと違った世界に触れる事で、シニアとの
向き合い方を再確認する事ができました。


そのせいか、今までやったら凹んで負のスパイ
ラルに陥りやすかったけど、


「また、ひとり反省会やん…」

「じゃあ、次はどうする?」


と冷静になれる自分…。




そして、今回の自分の経験を


同じラブラドールや他のワンコに恩返しとして
何かできないか?


という思いも出てきて、やりたいことが少しぼ
んやり見えてました。



とは言っても、後悔しないように

「目の前の今できる事に集中する事!」

これが一番なんやろうけど、後悔を恩返しに活
かすのもありなのかなぁ…

と少しは前向きになってきた今日この頃です。






Comments (-)Trackbacks (-) | ペットロス(エルロス)

自分で育てる「手前味噌」

今日は近場で、県内産の大豆と麹で味噌作り体
験!

→「矢ノ目糀屋さん」の、ご指導です♪




少人数で、わかりやすい説明を受けながら、蒸
した大豆を手で潰し、塩と糀を混ぜていつの間
にかこんな感じに…

もう少し、潰してから樽に入れる予定です♪
(手前にある少しの糀は、後でカビ防止に使います!)




出来上がりは7月頃の予定。
県内産の素材を使っての味噌というのは安心や
し、大豆も美味しいから出来上がりが楽しみ♪


エル姉さん地方は寒いから、予定より少し遅れ
ての出来上がりかもしれんね。

エル姉さん、出来上がり楽しみにしててや~


Comments (-)Trackbacks (-) | 田舎暮らし

3回目の月命日

今日は、エル姉さんの3回目の月命日。

エル姉さんが居なくても、変わりなく過ぎてい
く日々が少し悲しいね…




午前中は、雨が止んでるうちに冬タイヤへ交換!


曇り空やったのが、たまぁ~に晴れ間も見えて
エル姉さんが応援してくれたおかげかな?(笑)


おかげさまで、いつ雪が降ってもええように
スタンバイOK!です。

去年の今日も、こんな感じの天気やったね…




そして、今日はエル姉さんが好きな焼き芋を、
そばに居るかのように分け合ってみました…

きっと、こんな顔してそばに居てくれてそうな
気がします。






もう、何年も過ぎたかのような感じやけど、ま
だ3回目の月命日…。




姿・形はなくても、エル姉さんとの思い出が
色々溢れてくるのも悪くないですね…


Comments (-)Trackbacks (-) | ペットロス(エルロス)

腹巻き姿が恋しい季節

そろそろ冬が近づいてきたエル姉さん地方。

朝晩、めっちゃ冷えるようになってきました。

そんな朝、グーグルフォトさんから、また例の

「2018/11/15 この日の思い出」

の写真登場です!

いっつも、絶妙なええタイミングで送ってきてくれはるんです。
エル姉さん、あんた細工してるんかいな?(笑)




立冬を迎え、もう冬支度の時期。

特にシニアは「腎」を温めるのが大事という事
で、よく腹巻きを使ってました♪

腎は生命の源ですからね…




あぁ~ 懐かしい!

ふわふわに触れたい!

やっぱ、エル姉さん、可愛い~!(親バカやね)

Comments (-)Trackbacks (-) | ペットロス(エルロス)

人生初のインフルエンザに罹り、感じた事

インフルエンザに罹ると、悪いイメージやけど
あたしにとっては今回色んな気づきがあり、え
え機会となりました。


今回はインフルエンザ情報と経験談、気づきの
記録です。





仕事柄、毎年インフルエンザ流行前に予防接種
をしてますが、今年は早くもあたしに

インフルエンザA型の診断!が…。


「予防接種したのに、罹るんかい!」

「予防接種意味ないんちゃう?」


と色んな意見が出てきそうですが、


インフルエンザの感染経路は、飛沫感染と接触
感染の2つ!


そして、身を守る為には…


・正しい手洗い、マスク装着
・普段の健康管理




予防接種だけしてりゃ~ええんちゃうんです。
基本的な対策も必要です!


今回は、普段の健康管理が至ってなかったのも
大きく影響したかなぁ~と個人的に思っていま
す…




<経過>

1日目 深夜明け、何となく、喉が痛くてマヌ
   カハニー入りのど飴を活用し、早めに寝
   る

2日目 深夜明け、昼頃身体の温かさ感じ体温
   を測定。36.6℃。しかし、晩には37.7℃
   この状況ではインフルエンザ陽性はまだ
   出ないかも…と思うと同時に、まずは今
   晩は寝て様子を見ようと判断。
   しかし、頭痛やだるさあり

3日目 朝37.0℃ いつもは熱が出ず、鼻水の
   風邪。今回は頭痛とだるさが続く。
   いつもと違う風邪の症状に、もしや!と
   違和感を感じ、病院へ! 熱は37.7℃に
   →インフルエンザA型と!
    タミフル5日間処方
    この日から、仕事は休みへ…
    晩38.4℃へアップ

4日目 熱は36.7℃→35.9℃と解熱
    昼過ぎから、食べようという気に…

5日目 熱は上がる事なく下がる。35℃台
   まだ本調子ではなく、ふわふわした感じ
   晩は短時間ずつだが、眠れるように…

6日目 熱はなく、ほぼいつも通り?36℃台
   お腹も普通に空いてくる。

7日目 以前より、夜も眠れるようになる


<補足>

タミフルを飲み始めてから、何だか眠れない
日々…。副作用の不眠か?仕事は休み中なので
まずは支障ないと判断し、飲み切る方向へ。




三交代勤務の勤務変更は、他のスタッフの勤務
もいじらなあかんわけで、調節とまぁ~大変な
はず…

なのに「まずは、ゆっくり治すんやで~」と
快く皆さん言ってくれました…。



そして、過去に心筋梗塞をしてる相方。
彼にうつすと重症化してしまいます…。

それがめちゃくちゃこわいので、あたしは引き
こもり状態で過ごす事に…。
そして、相方も「ウロウロするな!」と(笑)


今回のインフルエンザで、初めて家事放棄を許
されるという、思わぬメリットもありました♪


会話はラインのやり取り、またはドア越しでの
会話に…
どうしても部屋から出る時は、手袋装着。
ごはんは入り口に置いてもらう日々…。


ホンマはず~っと寝てたい気分やったけど、タ
ミフルの副作用なのか?寝たくても寝れず…。



ごろごろしながらのんびりと、気ままにひとり
時間を過ごしました。


手帳タイムも確保でき、読みたい本も読めた♪




そんな中、ある冷えた朝、久々に温かいもんが
恋しいなぁ~と思っていたら…



相方が、朝食と共に温かいお茶を用意してくれ
ていたのです!(部屋の入り口にやけど…)



思いがけないほんのちょっとした事なんやけど
めちゃくちゃ感動してしまいました…




今まで常に

人に迷惑をかけてはいけない=頼ってはダメ

頼る事=迷惑かける事
              

と思ってました。(とんでもない勘違い…)


エル姉さんの病気がわかってから看取りを迎え
エルロスになっていたここ数カ月。とにかく必
死で仕事をこなし、日々過ごしてきました。

知らず知らずに今までの疲れも溜まって、許容
範囲超えてたんかなぁ…




そんな中での、人生初のインフルエンザ…。




身体的には大変なんやけど


・自分で強がるのは、限界がある事
・周りの人はホンマに優しいし、恵まれてる…
・人を頼るのは決して悪い事ではない事


と知る、いい機会になるという意外な展開!


そして、まさかの…


・家事を放棄でき、ひとり時間が持てるという
 メリットも…(笑)



そして、何よりも今エル姉さんがいたら、散歩
を5日間お休みさせたり、触りたいのに触れな
いという悲しさを経験するハメに…


今、エル姉さんがそばに居ないのは寂しいけど
ある意味…


インフルエンザに罹ったのが、今で良かった~

と思いました。




皆さん、インフルエンザ罹ったら身体はめっち
ゃエラい(つらい)んで、くれぐれもお気をつけ
くださいね!



Comments (-)Trackbacks (-) | 医療ネタ

シニアのラブラドールが好き過ぎてゲットした本で知った事、決意した事

北海道盲導犬協会といえば、「老犬ホーム」で
有名で老犬の母:辻惠子さんがいらっしゃいま
す。


そんな辻惠子さんに興味がわき


・「老犬ホーム」に関わるようになった経緯が
 知りたかった
・250頭看取ってきた経験を知りたかった
・老犬ホームで一番大切にしていることは、命
 をまっとうさせることという事に共感した



これらの理由から、辻惠子さんが老犬ホームの
事を綴った

ハーネスを外して

という本があるという事を知り、シニアのラブ
好きとして思わずゲットしました。




内容は


・老犬ホームができるまでの経緯
・辻惠子さんの生い立ちや北海道盲導犬協会
 のドアをたたく経緯
・老犬たちから学んだこと
・ホームでの一日
・辻惠子さんの夢


など書かれています。


この中で一番驚いたのは

協会発足当時から善意の寄付金を頼りに盲導犬
の育成に全力をそそいでいたこと!


大事な働きをしてくれているのになぁ…

という「何で大事な福祉に国がもっと関わらな
いんやろう?だから盲導犬に理解がまだまだ至
らんのちゃうの?」という何となく納得いかな
い反面、

賛同してくれている方々が多いからこそ、今が
あるんやろうな…

とも思いました。


そして、以前は役目を終えた盲導犬は、ユーザ
ーが引退犬のお世話をしてくれる人を探すとい
うのが主流の考え方だったそう…


そんな経緯があってできた老犬ホーム。


人の一生と同じように、生まれてから看取るま
で責任を持ってもらって幸せに生きられる事が
できるというのは、素晴らしい試みですよね。




辻惠子さんの生い立ちからは

「あたしも、昔は獣医やトリマーといった犬に
 関わる仕事をしたかった夢があったなぁ」

と思い出したり


老犬たちから学んだことからは

「老犬のお世話という仕事は、目くばり、気く
 ばり、心くばりです。そして、明日はない、
 というかくごでその日そのときできることを
 する、それにつきます」

という言葉が、まさに人と一緒やなぁ…と感じ
悲しんでる暇はないなぁと。

今に集中やね…



そんな辻惠子さんからの愛情や世話を受けてい
るせいか、本に載ってるシニアのラブちゃん達
の写真が、本当に大事にされてるのが伝わりま
す。




ワンコは人よりも早いスピードで歳を重ねてい
きます。

老いていくのは寂しくて、悲しいイメージがあ
るけれど、それ以上に楽しみや幸せを私達に日
々与えてくれています。


そんなシニアワンコ達に

「いつも幸せをありがとうね。これからはのん
 びりゆっくりしてくれていいからね。」

という感謝の思いを伝えながら過ごせるといい
のかもしれませんね。


とは言っても、現実的には悲しいけどね…




辻惠子さんの思いや経験に触れ、昔の夢を思い
出す事ができ、シニアとの向き合い方はワンコ
も人も一緒やなぁと実感。


そして、改めてエル姉さんの経験や日頃の仕事
での経験を元に


その仔らしく老いと共に生きるのを支える事…
その為に飼い主さんのサポートをする事…


あたしなりにやろう!と思えるきっかけになり
ました。


全てのシニアワンコが、自分らしく楽しく幸せ
に過ごせる事を願って…

Comments (-)Trackbacks (-) |

悲しみが癒える事が寂しいなぁと思ったけども、色んな気づきがあった話

エル姉さんが旅立ってから、毎日のように泣い
ていた日々。

旅立ちから1ヶ月経った頃には、何となく少し
ずつ悲しみが癒えてきたかな?

と良い傾向に思えるようになったものの、逆に
そんな変化が寂しいなぁ…という思いが出てき
て、寂しさを引きずる日々。

しかし、ある時からある気づきにより、少し前
向きに思えるようになってきました。




旅立ちから、1週間ずつ経過するごとにひと区
切りする出来事があり、気持ちが少しずつ落ち
着いてきました。

1ヶ月経つと泣くことが減って、病気がわかっ
てからの事ではなく、エル姉さんとの楽しかっ
た思い出を相方と話せるように…


そして、エル姉さんがうちらのそばに居ない生
活が当たり前になってきたのです。


色んな方から暖かいコメントをいただいたり、
感情を抑え込まず過ごしてきたから引きずる事
はなく、ペットロスの経過がうまく進んでいる
んかな~と思えた矢先…


・エル姉さんと一緒に過ごしてきた事は夢やっ
 たんかな?

・あんなに大好きだったエル姉さんを、あたし
 はもう忘れてしまってるんちゃうか?

・人は忘れるものやけど、エル姉さんを忘れて
 しまうのが怖い…

・こんな事なら、毎日泣いてたペットロスのま
 んまの方がいい…

・悲しみが癒えるのはええけども、寂しいもん
 なんやな…


という事がよぎるようになりました。



そんな中でも、


「こう思う時点で、まだまだエルロスなんやろ
 うな…」

「人の見送りまでは仕事でしてるけど、病院を
 去った後も家族はこういう寂しさを引きずっ
 て過ごしていくんやなぁ…」

「ペットロスや家族を失った人のケアって、
 まだまだおろそか。これからはもっと大事に
 していかなあかんのちゃうかな?」


という気づきもありました。




色んな思いを揺れ動く日々を過していましたが
気持ちの切り替えの為、天気のいい日は朝のひ
とり散歩を再開。

ひとりやのに、不思議とエル姉さんと一緒に散
歩してるんちゃうか?

という感覚を感じます…


そうすると、一緒に楽しく散歩した事や出かけ
た事、日々笑っていた事がたくさん思い出すん
です。


そして、いつの間にか…


「エル姉さんとは、約10年一緒に過ごしてきた
 歴史がある…。病気がわかってから旅立ちま
 での日々や悲しさにフォーカスしがちやけど
 エル姉さんとの歴史の中のほんの一部。
 悲しさよりも、楽しかった事の方が、いっぱ
 い思い出あるやん!」


と思えて、悲しさが飛んで行きました!




考え方一つで生き方っていうのは変われるん
やろうけど、実際はなかなか…

でも、今回の気づきは、ある意味エル姉さんの
図らいもあるのかもしれません。

きっと「まだ、あんたネガティブなってんの?
世話焼ける飼い主やなぁ…」ってエル姉さんは
思っての今回の気づきなのかも(笑)




大事な家族を病気で見送った後は悲しいけれど
も、一緒に過ごしてきた歴史から考えるとその
時はほんの一部。

辛いけど、ほんの少し楽しかった日々を思い出
してください…

悲しみ以上にたくさん笑顔で過ごした宝物の日
々があり、その思い出が気持ちを暖かく包んで
くれます。

そして、その時は我が仔がそばにいてくれて
るんじゃないかと思いますので、ひとりで苦し
まないでくださいね…



あたしの腕に乗っかかるエル姉さん。
懐かしい思い出です。






Comments (-)Trackbacks (-) | ペットロス(エルロス)

寒くなると、幸せを感じていた時の事を思い出す…

日々、寒くなってきたエル姉さん地方。

エル姉さんの暖かさが恋しくて、幸せやなぁと
感じていた時の事を最近思い出します…。




フリーにしてから、いつの間にか晩は一緒に寝
るようになり、当たり前のように布団で熟睡の
エル姉さん。




そのため、夜勤で夜中に帰宅すると、玄関での
お迎えはなく、こんな感じであたしのスペース
がエル姉さんに取られています(笑)




でも、そんなエル姉さんが可愛くて、愛おしく
て、今日もいつも通り2階まで上がってこれた
んやなぁ…と思うと嬉しくて…。




「場所、取りすぎ!」とツッコミながらも、


空いたスペースを探して、エル姉さんでのぬく
もりで満たされた布団に寝る幸せを感じていた
日々が懐かしく思い出す今日この頃です。





Comments (-)Trackbacks (-) | ペットロス(エルロス)

ワンワンワンの日かぁ~

今日は「ワンワンワンの日」らしいですね~





大きく、温かいエル姉さんに触れたいなぁ…

と思いながら




メモリアルドックのエル姉さんと、おやつを
一緒に食べて過ごし、癒やされました♪




Comments (-)Trackbacks (-) | ペットロス(エルロス)