思っていたより大きかったおとんの存在

世間的には父の日よりも母の日の方が目立っており、

お父さんはけむたがられることが多いのではないで

しょうか?

 

 

年頃になってからはおとん(お父さん)を毛嫌いする

ことも多く、今思えばひどい娘やったかなと(>_<)

 

 

エルちゃん県に移住してからは離れてから気づくこと

もあり、帰省した時はおとんと少しは話すようになり

ました。

 

しかし、実際は照れや何を話していいのやら?でたい

した話は出来ずじまいでした。

 

 

今回おとんが旅立ってからは親戚付き合いも乏しかっ

たので、お参りに誰も来ないと思っていました。

しかし、ただのアルバイトのおっちゃんやったのに

若い方~年配の方まで来てくれたのです!

 

 

普段、家でゴロゴロうっとおしいおとんやったけど

外では「仕事頑張っていた人」「色々声かけてくれて」

「言いたいこと言い合っていた仲間やのに寂しくなる」

「相談聞いてもらっていた」と、うちら家族が知らない

姿を聞き驚きました。

みんなに優しく接しつつ、楽しくやっていたようです。

 

 

肺、胃、食道、膀胱などあらゆる癌がありながらも、

旅立つ前日まで仕事に行き、ご飯も食べれてました。

今思えば、迷惑かけんよう病院結果はうちたには嘘つ

いていたり、「コロッといってやるわ~」って言って

たな~

 

 

本当は怖かったり、家族にも頼りたかったやろうに

そんな素振りも見せず…

家では素っ気ない対応を受けていたけど、みんなと

仲良く楽しく仕事出来たのは最高やね。

もう少し、おとんの気持ちをわかってあげれていたら

という後悔はありますが、気づいただけでも許してく

れるかな?

 

 

人は目の前に見える行動や言動で判断しがちやけど、

父親っていうのは口数が少なく、時には誤解もされ

がち。

父親の存在価値っていうのがよくわからんかったけど、

母親とはまた違った大きな愛情で不器用に家族を見守

りつつ、涙を見せず苦しさに耐えている…。

思った以上に父親の存在って当たり前やけど、大きい

んやね。

 

 

ほんまに、離れて、いなくなってから存在の大きさって

気付くもんなんですね。

 

 

あっという間の1週間の帰省でした。

 

 

 

帰省中はだんじりの試験引きが見れました!

 

 

 

 

 

毎朝を無事にむかえるということ

朝、普通にエルちゃん散歩をして、いつも通りの朝。

 

仕事に向かってる途中、おかん(母)から電話が…。

「お父さんが…」と。

 

 

 

 

色んな癌になってて、でいつどうなってもおかしくな

いと覚悟してたけど、急にその日はやってくるもんな

んですね。

 

 

7月の初め、思い切って帰省してエルにも合わせる

ことができて良かったです。

「また、会えるだろう…」て思いがちやけど、毎朝

無事にむかえる事っていうのは当たり前と、奇跡の

紙一重なのかもしれませんね。

思い立ったら吉日っていうけど、ほんまにやりたい

事あったら理由つけんと、やった方が後悔しないと

思います。

たった一度の人生、大事にせんとね。

 

 

正直、おとん(父)とは仲良くなかったけど、身を持って

最後に教えてくれたと思います。

 

ここまで生きててくれて、ありがとうございました。

 

 

エルちゃん県にも空港がありますよ~

 

 

1時間15分で、伊丹空港到着です!

シニアでも食べやすいヒマチー

先日、買い物行ったときに見つけた物♪

 

エルちゃんのおやつに、たま~にあげていた…

「ヒマチー」のラスクバージョンが!

 

 

 

ヒマチーとは…

「ヒマラヤチーズ」のこと(^_-)

山羊さんのミルクを使っています。

 

 

普段は硬い棒状のやつをあげていたのですが、先日

のお腹壊した事件後ということもあり、今回は「カロ

リー控えめで、シニアにオススメ!」というのに惹か

れて買ってしまいました(>_<)

 

 

お気に入りで、においを察するとスタンバイです。

 

 

 

小さくて、調節してあげれるのがいいですね~

 

Comments (0) Trackbacks (-) | エルごはん

動物と暮らす方、動物と関わる方に知っにておいてほしい「5つの自由」

動物と暮らす、関わる人に知って欲しい「5つの自由」

をご存知でしょうか?(環境省サイトにもありますよ)

 

 

 

ペットブームであり、子どもと暮らすよりペットと

暮らす割合が増えています。

中には、可愛いから…と犬種ごとの特性を把握しない

まま迎えて、手におえなくなる…というパターンも

中にはある現実。

今は、猫の方が手がかからないという安易なブームに

なっており、この先を思うと不安がよぎります。

ブームは続くものではないですからね…

責任を持って、一緒に暮らしてほしいものです。

 

 

「5つの自由」とは元々家畜の福祉の目標として、

英国で生まれたもの。

やがて、ペットであろうと、実験動物であろうと、

動物園の動物であろうと、この「5つの自由」は、

全ての動物が持つ最低の権利だそうです。

 

1.飢えや渇きからの自由

 

2.痛み、負傷、病気からの自由

 

3.恐怖や抑圧からの自由

 

4.不快からの自由

 

5.自然な行動をする自由

 

 

動物と暮らす方々、自分自身も忘れないよう心がけて

いきたいものですね。

 

 

 

 

今日は雨降らず、散歩行けて良かった~

 

 

この白い花(?)

蕎麦らしいですよ~

 

家族との楽しい時間、わんこが一番望んでいることかもしれないね~

ここ最近は仕事で忙しく、エルちゃんとの時間が

減っていました。

9歳にもなればあたしらの動きでお察しするようで、

掃除機かける時や何かしていると邪魔にならない場所

に移動します。

家政婦のようにうちらの動きを見て、「今は相手して

もらえない…」というのがわかるんでしょうね~

掃除機終わると、立ち上がって「終わりました?」

みたいに寄ってきます。

 

 

 

白内障になったり、シニアの年齢を迎えてから、エル

の寿命を意識する事も増えてきました。

エルを中心にし過ぎて、後々大変になる事も考えたり

適度に趣味も…と正直思うこともあります。

ただ、若かりし頃の時間を無駄にしてしまった後悔が

後悔が大きいので、後悔しないように!という思いで

今に至ります。

 

そんな考えを相方にも話をして、エルとの時間は大事

に…と言っています。

 

 

先日、珍しく相方がエルとたわむれ、テンションMAX

のエル(写真、ブレブレやし…)

甘える時、こんな感じなんです。

普段、我慢して待っててくれる分、歓迎はスゴイです!

 

 

 

 

昔、相方が買った帽子。

使う前にボロボロにしたので、今はエルのおもちゃに

なりました♪

こうやって、また遊びに誘ってきます!

表情もイキイキして、子どものようです。

 

 

おやつやご飯が足りないとキレるエルですが、こう

やって家族で過ごす時間が「ご褒美」であり、「一番

彼女が望む」事でもあるのかもしれませんね。

 

忙しくて構えない時もあって、ごめんね…。

 

 

人より短い犬生、癒やしをもらうばかりでなく、エル

にたくさん喜ぶ事をしてあげたいものです。

 

 

色々やってても、できてしまうんやね

普段、マッサージでさわりまくっていたのですが、

先日、横になってたエルちゃんをさわっていた相方が

エルの左脇にできものを発見!

以前も何かある場所だったのですが、2cm程に

大きくなっていたのです。(当時、病院で見てもらった

時は、あるのかないのか微妙な大きさ)

赤く○したあたり。

この状態やと大きく触れるのですが、立つと大きさが

小さく感じます。

 

ちなみに、シニアになってから、腹の真ん中と右の脚

の付け根の2つに脂肪腫が出来ています。

 

相方と今回発見したのは「今回も脂肪腫だろう」と

思っていたのですが、他の脂肪腫と違って何か硬い

ような…と不安になってしまったのです。

 

相方は「そんなんで、いちいち病院行くのか!」と

反対ぎみやったのですが、嫌な感じがしたので今日

は仕事が休みだったので病院に行ってみました。

 

 

病院はテーマパークと思っているのか、まあ~落ち着

かないことで(^_^;)

 

 

 

会計中の方が、気になるらしい…

 

 

やっと、落ち着いた…。

 

 

先生は触った感じで、「脂肪腫かな?一応見てみます

ね~」と針でチクッと刺しました。

 

結果は…

「悪いものがなく、脂肪ですね。」

 

あばらに近いので、違うように感じたんでしょうね~

ということでした。

脂肪腫、ラブやゴールデンには、多いんですってね。

 

 

まあ、この数日間、ハンパない不安感。

マッサージやご飯、ストレスかけないよう気をつけて

やれることやってても、脂肪腫ができる時はできて

しまうんやね…

 

 

とりあえず、悪いものでなくて良かった♪

 

ちなみに、本日の体重は30kg。

痩せてスッキリしたようやけど、思ったほど痩せて

ないね~

 

 

病院から帰宅後、おもちゃを持ってきて

 

 

 

あたしの前に落として、遊びを誘うエルちゃん。

 

 

シニアになると何かと心配事が増えてしまうけど、

それ以上にお互い楽しめる事を考えて、一緒の時間

を大切にしたいものですね~

若い時の困ったいたずら、シニアになればいい思い出に

世間では、「ラブラドールは賢くて大人しい」というイメージ
をもっておられる方もいるようですが、若かりし頃はとんでも
なく破天荒です!


賢いがゆえに、かまってほしくて数々の武勇伝をやらかして
くれます。

6年前、日中フリーにしてみたところ、えらいことに!
発見したあたしが、ツッコミを入れたところ、自ら反省?
の様子で、うなだれています(笑)
blog_import_4ea6226692463.jpg



ペンが、無残な姿・・・。
blog_import_4ea62268c1093.jpg



気にいってた、コースターも・・・。
DSCF2241_convert_20130315154925.jpg



あたしが忙しくて相手しなかった時、あたしがよく使っていた
引き出しを、なぜかうまく開いて荒らして気を引く・・・
みたいなことも。
fc2_2015-09-02_13-02-05-571.jpg


しまいには、腹が減って台所もやらかす事件もありました。
20161101213500141.jpg



相方の靴が、なぜかリビングに。

20161101213605039.jpg




当時は「何でこんなことばっかり!」と数々のいたずらに
対して、一時育犬ノイローゼにもなりました。
「何で言うこと聞かないのか?」
「ごはんもあげて、色々世話してるのに!」って・・・。


「何か変なもの食べて何かあったら」
「破壊されて、きりがない!」
ということで、昔は寝るスペースもリビングの一角をこの
ようにスペースを確保していたのです。
寝るときには「ハウス」と誘導しますが、嫌がってストライキ
することも(笑)
相方が言うと、しぶしぶハウスに入ったものです。

20131222_170731.jpg



今となっては、いいのか悪いのか、このようないたずらは
しなくなりました。
いたずらに気づかないふりしてると、やめるんです(笑)


フリーにするようになってから、色々やるだけやって気が
済んだのか、知りつくしたのか・・・。
あたしらの行動は、エルに理解されてしまっているのか?
変なものでいたずらがなくなると、さみしくなるんですよね。
「調子悪いのかな?」
「年取ったからかな?」って悪いほうに考えてしまうみたいな!


エルによく話しかけたり、マッサージでのスキンシップや
散歩時間は当時より増えています。
自分中心から、エルを理解しようとするのに変わったのが
大きいのかな。



日々のいたずらで育犬ノイローゼになる方もおられると思い
ますが、それはワンコなりに理由があってのこと。
  元気があってパワーが有り余ってる?
  かまってもらえなくて、さみしい?
  ご飯がたりない?
  犬種の特性を理解して、対応していますか?



若かりし頃の破天荒さ、シニアになると愛おしくて懐かしく
いい思い出になるものです。








レトリーブはええけど、片付けしてくれたらありがたいのになぁ~

ラブラドールはレトリーブ(獲物を回収)する犬と呼ば

れ、狩猟犬の一種。

 

 

その本能を使って、「○○持ってこい」といって

持ってくる遊びをします。

それ以外でも、色々とおもちゃを持ってきては、

エルもあたしの目の前に置いて誘ってくるんです。

 

時には追っかけこや、かくれんぼなど色んな遊びが

大好きで日頃の疲れがどっか行ってしまうくらい

楽しめます♪

 

ただ、おもちゃを持ってくるのはええけど

片付けてくれへんかなぁ~

 

ラブラドールは人間のよう(デトックスデーその後)

昨日、デトックスデーを過ごしたエルちゃん。

2食のうち朝の1食を軽めにして、晩の1食を通常の

ご飯にしました。

 

朝は遊んで何とか乗り切り、よく寝てくれました。

 

 

晩はちょっと遅れたものの、いつものようにご飯を

用意したものをあっという間に完食!

いつも食べた後「終わり!」と宣言するのですが、

エルは相方に視線を送り続けます。

 

「今日は週1回のデトックスデーやから、終わり!

いけずしてるわけちゃうから」と説明すると、聞い

てくれるけども、再び相方をジッと見つめ続けます。

 

エルの視線に気づいた相方が「何や?」ってエルに

言うと、エルはご飯足りないアピールで一瞬冷蔵庫の

方をチラッと見てから、再び相方を見ます(^_^;)

 

お腹を壊す前は、エルにおやつとして何かしらあげて

た相方。「相方はおやつくれる人」っとインプットし

てるんでしょうね~

どんだけ、おこぼれあげてたんやろ?

 

 

ラブラドールは着ぐるみ着て、中に人が入ってるん

ちゃうか?と思うくらい、人を見て喋らないだけで

こんな風に訴えます。(エルだけかな?)

 

 

その後、果物をもらい落ち着くエル。

なでなでしてもらい、マッタリ。

 

 

トントンしてもらい、いびきかいて寝ました(^_^)

 

 

普段は優しい笑顔のエルちゃん。

 

食べ物がからむと、違いますね~

普段優しいけど、怒らすと怖いエルちゃんです。

 

 

昔は神経質過ぎててんかん様発作起こすくらいやっ

たのが、今はこんな調子で意思表示ができるってい

うこと、食欲あるっていうのはある意味のびのび過

ごすことが出来て、元気な証拠なんでしょう♪

Comments (0) Trackbacks (-) | エル子

ラブラドールにはつらい、デトックスデー

うちでは週1回、デトックスデーを設定しています。

 

 

今のわんこ達は過食傾向と言われています。

可愛い顔で見つめられると、つい…てありますもんね。

 

 

おやつやごはんを食べれるのはいいことやけど、

その分毒素がたまったり消化器に負担もかかり

解毒力が落ちてしまいます。

解毒できないとたまってしまい、いい栄養が入る

スペースなくなります。

 

これをやり始めたのは、ラブの先輩のブログや犬ご

はんの本を見て知ったことや繰り返す外耳炎や肉球

の周りが赤くてカミカミが続いていたのがキッカケ。

 

あたしもアトピー持ちやったので、体質改善っていう

意味で納得出来たから続けています!

週1回続けていますが、肉球の周りの赤くなることは

なくなり、外耳炎もひどくなくなりました。

なんといっても、翌日の散歩の足どりが軽くなります。

 

ただ、体力が落ちている時や仔犬、妊娠中、などの

時はしないでね。

 

 

内容はりんごをすりおろしたものや、魚ご飯の時に

余分に凍らして保存してた汁などです。

 

 

ただ、ラブラドールと暮らしている方ならわかると

思いますが、ラブは食いしん坊です。

1日デトックスは、難しいですね…。

デトックスデーは物足りないのか、なかなか昼寝も

せず反乱を起こす恐れが(^_^;)

なので、デトックスする日はあたしが休みのは日に

するようにして、いつも以上に遊んで空腹感をごまか

して乗り切っています。

 

 

温めたすりりんごを冷ましている間、待ちきれない

様子のエルちゃん。

 

Comments (0) Trackbacks (-) | エルごはん

ホームケアでありながら、究極のスキンシップ

エルちゃんと暮らしてから、てんかん発作の原因に

なることや外耳炎予防で家で何か出来ることがない

か調べまくり…

 

・手作りごはん

・東洋医学

・マッサージ

 (ツボ、リンパマッサージ、プレイズタッチ)

・薬膳

・メディカルアロマ

・お灸

などの内容があるのを知りました。

 

地方やけども仙台でセミナーあったり、オンライン

講座で今は学ぶことも出来るんですよ♪

 

日々不規則な生活なので完璧には出来ないのですが

スキンシップを兼ねて、リンパマッサージだけでな

く、ツボマッサージもしてます。

道具を必要とせず、手と飼い主の愛情で出来るってい

うのがいいんです♪

ただ、ツボの位置がまだまだ正確さに欠けますが…。

 

 

中医学的には、「腎」が大事と言われています。

生命の根本となる精を貯蔵しており、老化防止と

免疫力アップに「腎癒」を指圧。

 

 

されるがままの、エル。

 

 

お肉があるので、位置がズレてるかも…

腎癒であろう周辺を指圧。

 

 

腎癒以外も、指圧。

 

 

痛がらない程度の強さで、やってます。

ただ、持病がある仔は、獣医さんに要相談ですよ!

 

 

資格を取るまでに至ってないものもありますが、

知っていることで我が仔のケアーに役立つものです。

それ以上に、スキンシップが増えてお互い癒やされ

ますよ(#^_^#)

マッサージするようになってから、エルと分かり

合えるようになったような気がしますもん。

 

 

 

 

目的がハッキリしてれば、めんどうで大変なことも続けられるんやろうね

外ではちゃんとしてる風やけど、基本めんどくさ

がり屋なあたしです。

そんなあたしが、6年間続けられていることがあり

ます。

エルちゃん、日記です!

 

お見せするのが恥ずかしいのですが、左側のページ

に食べた物や散歩時間、Kっていうのがう○こで

出た時間軸の横に書いてます。

右のページは気づいたことや様子を記載。

 

 

そもそもこれをはじめたきっかけは、毎月のように

エルちゃんはてんかん様の発作を繰り返していたん

です。

あたしも、相方も「何かきっかけがあるはず!」と

思い、データーを取る意味で始めたのです。

人の記憶って曖昧なのと、当時ブログを毎日更新や

詳しい情報をネットで出すには抵抗があったので、

アナログでありますが、普段使ってる手帳についで

に書くことを始めました。

今年はヨガ手帳、去年はほぼ日手帳を使ってます。

 

 

仕事も不規則なので記載漏れもありますが、続けて

書いていると、「○月は体調崩しやすいんやな~」

とか、シャンプーした時期の把握などができて思い

出すキッカケになります。

 

また、トッピング食をしてるので、「○○が続いた

から、今日はこっちにしよう!」という事にもつな

がります。

 

 

毎日書くのは大変やけど、エルちゃんの状態変化の

キッカケを知るためという目的があるから続けられ、

それがいつの間にか習慣になる。

続けるっていうのは地味やけど、スゴイ財産になって

今後に活かされるんやね。

 

 

かさこ塾での宿題から始まったブログを毎日更新も、

何とか続けられています。

ネタ探しや文章に悩み、大変ではあります。

今、続けられているのは、以下5つの理由です。

 

・シニアになったエルちゃんの状態を残すこと

・大型犬との暮らしの情報発信

・犬との暮らしを大事にしてる人は完璧とは限らない

 ことを知ってもらう

・他人軸から自分軸になるための練習

・文章の練習

 

 

本当は自分軸が強いのに周りを気にし過ぎて自分を

出せなかったがために、「何考えているかわかんない」

と言われたこともありました(^_^;)

これをキッカケに、自分の考えを出すことを恐れず

徐々に慣れていければと思っています。

 

将来的には、犬に関わる仕事を…と思うのですが、

自分で「これや!」っていうイメージはまだ出来て

いません。

犬が好き!なのは変わらないので、今後もエルちゃん

日記中心に大型犬暮らし情報ブログをぼちぼち続けて

いきます!

 

 

今日も元気なエルちゃん。

 

盆地独特で、晴れる日は朝から空が濁っています。

 

今日の散歩は、緩やかな坂道コースです。

足に負担なく、鍛えられますよ♪

 

 

シニアを受け入れているようで、受け入れられてなかった話

昨日はご飯が足りず、キレたエルちゃん。

今日は、ご機嫌よく散歩♪

 

 

一時は初めての下痢を経験し、最近は不安な日々を

送りました。

キレられても元気な姿を見れるだけで、ほんまに

幸せ感じれますね。

 

 

ブログで知り合ったママさんから、10歳頃に突然

お腹が弱くなり下痢が続き血便が出た話を聞きま

した。

「あ~ まさに、これか…」と納得。

周りにラブと暮らす方がいないので、ありがたい

情報いただきました!

ブログってすごいね♪ 普段知り合えない経験者から、

経験談聞けるんやもん。

 

 

シニアになったということで、「色々あるやろうな」

と思いつつも、今回のOPPと血便でびっくりしてしま

い、「まさか!」と受け入れられていませんでした。

人は都合よく勝手に思ってしまうもんですね。

 

 

人の場合、病気になった時など危機的状況になった時

危機状態で変化していく過程のモデルっていうのが

あります。

色々あるのですが、そのうちの一つ

「フィンクの危機モデル」っていう過程が4段階に

別れています。

看護学校や、救急看護では危機理論っていうので

使われます。

 

今回のエルの事件で、まさにこの経過をたどったよう

な気がします(^_^;)

今はシニアの変化に対して、③~④っていう感じまで

きたかな?

 

 

①衝撃の段階

 最初の心理的ショックの段階。

 強烈な不安、パニック、無気力状態

 

②防御的退行の段階

 危機の意味するものに対して、自らを守る時期

 現実逃避、無気力、否認、願望思考

 

③承認の段階

 危機の現実に直面する時期

 怒り、抑鬱、強い不安、深い悲しみ、再度混乱

 

④適応の段階

 積極的に状況に対処する時期

 不安減少、新しい価値観など

 

 

急な出来事にパニックになるのが当たり前っていう

のがわかりますよね?

 

冷静に対応できないけど、徐々に人って受け入れて

いくようです。

無理に理解しようとしても、このような流れで経過す

るので無理がある…。

流れに逆らわず、無理しなくていいんよね。

 

色んな危機に遭遇しても、どうか皆さん自分を責めな

いでくださいね!

ありのままで、いきましょう~

そんなこともあるわ~ってね(*^_^*)

 

 

Comments (0) Trackbacks (-) | つぶやき

食欲の秋? おやつがないと、キレるラブラドール

今日は仕事の帰りが遅かったため、相方がエルちゃん

ご飯を用意して食べさせてくれました。

 

 

普段、あたしらが晩ごはんを食べて、エルちゃんご飯。

そんな順番でたいがいは20時過ぎにはそれぞれご飯が

終わって、うたた寝が始まってるエルちゃん。

 

今日はエルちゃんのご飯が先で、その後にあたしらの

晩ごはんの順番。いつもと順番が逆バージョン。

 

あたしらが食べてると、ガン見です!

 

たるみが、テーブルにのっかかってます。

 

 

「もらわれへんねんけど…」と訴える。

 

相方が「ボケが始まったか!!」と焦る。

エルに「あんた、先に食べたやん!」と二人で突っ込

みを入れる(^_^;)

 

しまいには、相方に無言の訴えや

 

 

目がつり上がって、反抗的な表情に…

 

 

そして、あたしにも…

「あんた、どないなってんの?」って、言ってるよう

な表情。

 

 

この後、少しヨーグルトをおすそ分けしました。

やっと満足したのか、その後エルはお休みになら

れました(笑)

 

 

 

しかし、ここまでキレられるとは思ってなかった~

ラブラドールの食欲、半端ない!

今日は怒らすと怖いエルちゃんでありました。

Comments (0) Trackbacks (-) | エル子

地元の人が当たり前と思ってる景色と美味しい食べ物、スゴイ財産やと思った話

平日休みの特権は、天気が良けりゃ混まずに色々

楽しめます。

昨日は天気がいいから、日本海方面にお出かけ。

約2時間あれば、行けます!

暑かったので、エルちゃんはお留守番をお願いしま

した。

 

 

日本海と言えば海鮮! そして、イカ!

 

 

一夜干ししたイカを、網で焼いてもらいました。

身がプリプリ!

写真を撮り忘れたイカ刺は、甘かった…。

 

 

 

天気がいいので、全てが綺麗に見えます。

 

 

 

今では有名になった、加茂水族館。

 

 

 

ブログのトップ画面に使ってエルちゃんの写真を

撮った、湯の浜です。

 

 

温泉街と、奥の山は鳥海山です。

 

 

 

「田舎は何もなくて…。何で大阪から来たん?」

「大阪やと、美味しいもんいっぱいあるやろう?」

とよく言われました。

中には、何かやらかしてきた怪しい奴的な見方され

たり、今時有り得ないしきたりが嫌で嫌で仕方がな

く大阪が恋しかった時期もありました。

(基本、干渉されたくないし、昔ながらの…って嫌い

なので)

 

 

でも、今では季節を感じられる景色を楽しんだり、

地元の美味しいもんを食べる事で嫌いな物がなく

なりました。

 

今ではそれなりに、田舎生活を満喫。

わんこにも、海と山があって楽しめますよ~

 

残念なのは、地元の人は地元の良さに気づいてない

ことやね。

自然で綺麗な景色と、食べ物が美味しいってスゴイ

財産やで~

 

 

 

エルも美味しいもん食べて、満足かな?

 

Comments (0) Trackbacks (-) | 田舎暮らし

う○こに血が混ざった事件、その後…

エルちゃんの、う○こに血が混ざった事件は今んとこ

食事療法で落ち着きました!

う○こが出る瞬間は、合格発表並みの緊張感半端ない

けど(笑)

 

 

今日も元気に散歩です♪

 

 

散歩後にご飯を冷ましていると、台所方向をめっちゃ

見てるし(笑)

 

 

 

「写真よりも、早よちょうだいや!」的な(^_^;)

 

 

まだまだ若いと油断していましたが、今回は改めて

シニアを意識した事件でありました。

 

エルちゃんの場合、シニアの変化は以下の内容です。 

・白内障

・耳が遠くなった

・動作がゆっくりになった

・胃腸が弱くなった(?)

 

 

変化は寂しいけども、毎晩夜中に2階の寝室までやって

きてベットへジャンプして寝るので、出来ることはそ

のまま維持出来ればいいのかな~と思ってます。

(たまに、後ろ足が引っかかる時もありますが…)

 

 

散歩後も玄関まで階段ありますが、日々上り下りして

いるので、最近は足取りがいいですよ。

 

過保護にせず、出来ることはやってもらうスタンス!

筋力を維持するためにも…

バリアフリーではなく、バリアあり~で(^_-)

 

 

胃腸のケアにお粥

OPP(お腹ピーピー)騒ぎから、徐々に食事を戻しまし

たエルちゃん。

安心したのもつかの間、次は「う○こに血が混ざる

事件」が発生(゚◇゚)ガーン

 

 

黒っぽい血ではないため、恐らく出口近くの出血?

固いと思いきや、程よい硬さのモンやし…。

前回の下痢で腸に炎症が起きたのかもと予測。

 

普段はフードとトッピングメインのごはん。

人でも腸に炎症ある場合は、優しいものから食事が

開始になります。

そこで、以前オンライン講座やセミナーを受けた薬膳

の資料を見直し、

「まずは、胃腸に優しいものを…」ということで、

お粥ベースのご飯にしています。

 

 

その効果があってか、たまたまなのか?

今は血が混ざらなくなっています♪

 

 

ビオフェルミンも使うか?

病院に行くか? 

病院に行く決断は5日と考えていたのですが、今の

ところ様子見でしょうか?

 

 

人も夏の疲れが出る頃なんで、わんこもシニアに

なると疲れが出やすいのかな?

 

 

柔らかめに煮て、トッピングしたものは

・じゃがいも

・ハチミツ

です!

 

 

というのも、ちょうどじゃがいもをおすそ分けで

もらっていたので、即活用です!

細かく切って、お粥と煮ます。

トロトロして、人も胃腸をケアする時にも良さそう

です。

 

 

 

<じゃがいも>

・気を補う

・脾と胃の働きを高め、胃腸を丈夫にする

・ビタミンCを多く含む

 

 

<ハチミツ>

・腸を潤す効果が高い

・弱っている脾と胃の働きを補って、食欲不振

 胃痛、腹痛を緩和

・胃の粘膜を保護する

・栄養豊富で疲労回復や口内炎の改善にも効果あり

 

 

 

このまま、落ち着きますように…。

 

 

Comments (0) Trackbacks (-) | 薬膳

本当に望んでることを忘れたらあかん話

「スタンフォードの自分を変える教室」

いまさらながら、読んでみました。

文庫本で出てたので、お安くゲットです!

 

 

人の選択って理性に反するようです。

①おやつを2つ、すぐもらえる

②2分待てば、6つもらえる

という実験を人とチンパンジーで行った。

 

結果、チンパンジーはおやつを多くもらうために

72%待ちました。

人は19%しか待てなかったのです。

 

 

たった2分やのに、すぐ手に入る一瞬の満足のために

本当に望んでるものを自ら手放す…。

 

脳って、5年後の成果は求めないらしい。

 

ダイエットがうまくいかないのは、こういうこと

なんかもね。

 

面白いもんで、よいことをしようと思うといい気分

になる。

→満たされない欲求、目先の楽しみへ移動

 

人は「後で取り返せる」「明日はもっとできる」と

考える習性があるそう。

 

 

意志力が弱くて… 意志が強くなくて…と言ってしまう

けど、実は

自己コントロールができるか、できないかの差

らしい。

 

 

自己コントロールするためには、自分を知る!

ことやねんて。

あとは、本当に望んでることを忘れないこと!

 

 

セミナーや本を読むと、自己満足してしまうのが

意志力の科学で少しわかったような気がします。

科学って苦手意識あったけど、楽しく読めました。

 

 

色んな情報に流される大変な世の中やけど自分を

知って、何を望んでるのかブレない気持ちが大事

やね。

 

 

エルはブレずに、行きたい場所へ歩きます(笑)

 

 

 

Comments (0) Trackbacks (-) |

心筋梗塞発症して1年。飼い主が健康じゃないとあかん話

昨年の今日、相方が主要な血管3本のうちの2本を詰

まらせた心筋梗塞で、3週間入院しました。

あれから1年。早いね~

 

有り得ない①冷や汗 ②吐き気、嘔吐 ③背中の

痛みの症状で、あたしの帰りを待っていました。

あとは、④急に電池が抜けたような脱力感?

⑤肛門の緩みが当時あったようです。

 

 

相方曰わく、「じっとしてれば落ち着くんじゃない

か?」と思えるような状態やったそう。

 

 

一度に2本の血管をカテーテルでステント入れれない

ため、期間を開け2回に分けて行い3週間の入院に

なったのです。

 

 

救急外来でこのような状態で来て、カテーテルまで

行えても場合によっては、不整脈を起こし亡くなっ

たり、心臓の負担を減らすために機械を入れたり…。

中には、臓器に血流が行かず腎不全になったりも…。

 

 

 

 

よくよく考えると、心筋梗塞起こす前は高血圧やった

他に、「何か背中が痛いような、筋肉トレし過ぎか

な?」フライもんが好きなのに「油もんは食べなくて

いいわ」という事がありました。

 

 

何事も、それなりのサインがあるんやろうね。

 

 

今回、相方は

「年だから…という言葉があるけれど、それなりの

変調があるから身体がおかしいのであって、年のせい

ではない。今は前と違って楽だ」と言ってます。

経験者じゃないと、わからん話しですね。

 

 

退院後も途中心不全で入院しかかったけども、一年

何とか過ごせました。

詰まる場所が心臓ではなく、脳の場合もあります。

元気に日常生活を送れるのも、スゴイ奇跡であって

ありがたいもんなんですよね…。

 

 

エルとの暮らしも一人欠けては、有り得ない話。

エルも大事やけど、飼い主が元気でおらんとエルを

守れないもんね。

 

 

この笑顔を守れるよう、自分が健康やないとね!

エルと相方、二人のシニアをかかえて頑張りますわ(笑)

 

 

「人生は有限」「死を思え」っていうのは不謹慎で

有りながらも、人生を大事に生きるためには必要な

言葉かもしれませんね。

 

 

 

Comments (0) Trackbacks (-) | 医療ネタ

うちの仔を守るための、もしもの備え(防災ネタ)

もしも、エルが飛び出して逃げたり、災害の場合で

離れてしまうことを恐れていたエル家。

うちでやったことは…

(汚れたので、すいません…)

 

相方がホームセンターで、ステンレスのチェーンと

輪っかを購入し、手作りの迷子札付き首輪を常につ

けています。

鑑札とエルと書いた裏には相方の電話番号、もう一つ

は「ペットのお家」やったと思うのですが、エル情報

を登録したIDが載ってる札を付けています。これ、キャ

ンペーンで無料でもらえたやつです。

狂犬病の札は付けきれず、あたしの車の鍵に付けていた

りします(笑)

 

 

 

 

グリーンドッグさんで購入した、「うちの子手帳」と

「エマージェンシーカード」です。

(ネット購入できます)

 

エルの写真を入れて、オリジナルにしてます!

色んな情報を書いておいて、カードには家に犬がい

ます情報や連絡先を書けるので、財布に入れています。

 

 

うちの仔を守るのは、家族です!

いつ来るかわからない災害。

出来る備えをしとかんとね♪